今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

ピース・綾部祐二、「NY移住」で約束された未来の姿とは

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

ayabe-geinin.jpg
『よしもと男前ブサイク芸人グランプリ』(ワニブックス)

◎3カ年計画発動
 「ピース綾部、ハリウッド目指してNY移住」か。お笑い芸人じゃなくて役者志望ってのがまた。昭和か。どうせ広げるなら、風呂敷はデカい方がいいってことか。失敗して帰ってきても『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)があるしな。

 「最悪、あれで笑い話にすれば復活の目になる」と、芸能界のある種の保険となりつつあるあの番組。でも最近、出てほしい、出るべき有名人の確保が難しくなっている印象だ。

 ……もしかしてこれ、『しくじり先生』の担保企画じゃないだろうな。放送日まで決まってたりして。2019年の年末あたり。

◎心は常に一級セレブ
 骨折で入院中、外出許可をもらっての久々の仕事で、『バリバラ』(Eテレ)主催のバリアフリーのファッションショーに出演した道端アンジェリカ。車椅子に乗ってドレス姿を披露。感想を尋ねられ、「すごく素敵なドレス。座ってもラインがキレイに見えるし、立ち上がってもシワが目立たないんです」。立ってもってアンタ……。

 道端系と『バリバラ』って、水と油な。そこも含めて、あえての起用か。「みんなちがって みんないい」か。『バリバラ』を買いかぶりすぎているのか私は。

◎そこと並べないで……
 今年もまた、「なじみの店に集い受賞を祈るハルキストたち」が見られる季節になった。秋の風物詩……。

 この光景を見るたび、なんか「日本代表発表時に必ず中継されているキング・カズ」という画ヅラを思い出す。「7年連続最優秀候補」という時間軸の長さも。

 とここまで書いてたら、「ノーベル文学賞、ボブ・ディラン」という一報が。ドッキリか? とりあえず、ハルキストたちにとって、今までで一番落胆の秋。8年連続最優秀候補入り決定だ。キャリーオーバーがすごいな。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!