グラドルには朗報?

NMB48・山本彩、“バスト露出激減”に編集者警鐘! 「AKBグラビア独壇場」も危機に?

1512_yamamotosayaka.jpg
なによりバーニング受けを気にした方が生き残れそう?(撮影:岡崎隆生)

 NMB48の不動のエース・山本彩が登場した「週刊ヤングマガジン」(講談社)に、グラビア関係者が衝撃を受けている。

 山本は10月3日発売の同誌で表紙&巻頭グラビアを飾っているが、全ページにおいて洋服をがっちり着込み、水着ショットは1枚もなし。最大露出は“鎖骨”で、トレードマークであったバストや谷間が封印された構成となっている。これについて、アイドル誌編集者は嘆息する。

「ここ数年、雑誌の表紙やグラビアページは48グループのメンバーが独占しています。最近は一時よりも割合は減ってきたとはいえ、それでも起用される回数は、ほかのアイドルたちに比べて格段に多い。しかし、人気メンバーが続々と卒業し、ファッション誌などへシフトしたことで、男性読者メインの雑誌グラビアに出るのは知名度の低い若手メンバー中心となっている。それでも各誌が48グループメンバーを使い続けているのは、山本に登場してもらいたいから。彼女が水着で表紙やグラビアに登場した号は、売り上げが10%以上増える。雑誌不況の中、“絶対に勝てる号”があるのは、編集長からしたらものすごくありがたいことなんです。しかし、いくら人気メンバーといえど、洋服グラビアでは売り上げ増は期待できません。これでは、若手メンバーを“バーター”で起用する意味がないですね」

 実際、山本の雑誌での水着ショットはここ1年で激減。AKB関係者も山本の路線変更についてこう語る。

「グラビア女王だったことで、山本はほかの総選挙上位メンバーに比べて男性人気の比率が際立って高い。逆に言えば、女性ファンが少ないことが弱点となり、総選挙1位争いに絡めないジレンマもあった。肌露出を抑えたせいか、最近は握手会でも女性ファンが激増しているのがわかります。男性ファンはガッカリするかもしれませんが、それでもMVや生写真、カレンダーなどで年に数回は水着になる機会はありますからね」

 ソロ活動も活発になってきた山本。女性ファンを拡大し、来年の総選挙こそ悲願の1位となるか。

インスタも、風景写真や小洒落た雑貨の写真だらけになってゆくのか

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!