アダルトアフィブログは本当に儲かるのか? しQちゃんがそれなりに頑張った結果

低賃金で独身のまま、この先50年生きていくという絶望を直視できなくて、ネットビジネスを模索しているあたし。

調べてみると、色んな種類のアフィリエイトがあるらしいキュウ。
芸能人とかが稼いでるのは<ブログアフィリエイト>と呼ばれているもの。
え、あたしそれしか知らなかったキュウ。

他には<トレンドアフィリエイト>というものが「圧倒的に稼ぎやすい」として紹介されているキュウ。

「今、旬な芸能ネタや世間のネタを記事にし、膨大なアクセスを集めてGoogle AdSenseなどのクリック保証型広告でお金を稼ぐ手法」だそうキュウ。

話題のネタをみんなが検索する→そのネタについて書いている自分のサイトが大勢に閲覧される(サイト内の広告も大勢のユーザーに向けて表示されたことになる)→報酬がぽがぽ。

それって今旬なことを記事にし続けなければいけないってことキュウ?

そんなんズボラクイーンのあたしには無理キュウ……てか、やりたくないキュウ。

なにより問題なのは、あたしが仮に「旬な芸能ネタや世間のネタ」を記事にできたところで、そのページが検索結果の上位に表示されるような工作などまず出来ないから、どんだけ迅速大量に記事UPしても埋もれていくだけじゃないのかキュウ?

あとあと、そういうトレンドアフィサイトがmessyみたいなwebサイトのオリジナルコンテンツをモロパクしてるらしいキュウ。

編集長に「トレンドアフィリエイトって知ってますかキュウ?」ときいたら「みなごろしにしてやりたい」と言っていたキュウ~。

物販アフィリエイト、メルマガアフィリエイト、ソーシャルメディアアフィリエイト等……アフィリエイトって一体何なんキュウ!? たくさん出てきすぎじゃねぇかファッキュウ!!

しかもどれもあたしにはハードルが高くて、調べてるだけで眼精疲労MAXキュウ。

そんな中、<アダルトアフィリエイト>と呼ばれるものを発見。

「いわゆる特価型アフィリエイトと呼ばれるもののひとつで、アダルトに特価した記事を書きアダルト関係の商品の広告を貼る」。

エロならいける気がするゥ!! おまけにアダルトアフィリエイトは比較的、収入に結びつきやすいそうキュウ!

なぜならエロは不滅で、店頭での商品購入よりもネットでの商品購入や閲覧が割合として断トツ多いし、流行廃りもない。

あたし、これなら出来るかもキュウ……! 運命感じたキュウ。

なんだかんだでアダルトネタに行き着いてしまうのは、子宮の妖精の宿命なのかキュキュウ。

◎やっぱりラクして稼げない

とは言っても、無限にある数々のサイトの中で、自分のサイトに集客をしなければならない。当たり障りのないアダルトサイトを作っても誰も見に来ない。

だから、アダルトアフィリをやるんなら、何かに特化したサイト作りを心がけるのが鉄則だそうキュウ。たとえばフェチ系だったり、熟女専門だったり。こだわりの強い性癖の持ち主が検索して自分のサイトにたどり着きやすいように、なるべくマニアックな情報を集めるに限る……確かに!

で・も、調べてみると特化型アダルトサイトは山ほどあり、この強敵の中でどうやって秀でるものを出していくか悩んだ結果が……これキュウ!

AVエキストラの体験を活かしたブログ!

あたしのTwitterを1呟きも見落とさず見てる物好きの人なら分かるかもだけど、あたしAVにエキストラとして出演した経験があるキュウ。

もちろんエキストラだから脱いだり触ったりのエロ行為は一切なしキュウ。

AV女優のブログは山ほどあるし、AV男優もTwitterとかやったりしてるけど、AVエキストラの人達は謎めいた存在……。

よっしゃ! これが穴場キュウ!!

このブログにアダルト動画サイトのリンクを貼ろう!
あたしのブログの読者が動画サイトに飛んで、動画を購入すればあたしに報酬が入ってくる仕組みキュウ。
まぁ、そのためにはブログをいっぱい書いて読者を増やさないといけないキュウ……。げげ。それって労働じゃね?
ううん、あたしは不労所得が欲しいんだから、それくらいの努力はして当たり前キュウ!

……っていやいや、努力っていうか、「ブログ書く」って労働じゃね? 不労所得じゃなくね?

うーん……………よし、でもやるキュウ!!

まずはブログを立ち上げ、アフィリエイトOKなアダルト動画サイトを探す。
ブログにアフィリエイトのリンクを貼る方法を調べ、リンクを貼ってようやくブログの箱作成が完了。
いちいちググって作業するもんだから、これだけでも時間もかかったし、もう疲れたキュウ……。
だがしかし! ここまでやったんだから、あとはブログ記事を書くのみキュウ!
AVエキストラの記憶を思い出して、書くキュウ。

あたしが読者に求めているのは、あたしのブログから動画サイトへ飛んでのエロ動画ダウンロード購入。
ならば、エロ好きな男にアクセスしてもらいたいキュウ。
それだったら、あたしのキャラをこんなひねくれたアラサー女じゃなくて、キャピキャピしてる20代半ばの女の子☆ っていう設定にしたほうが読者がつくハズ。
なんて考えて、あたしは柄にもなく「ヽ(≧∀≦)ノ」こんな顔文字を使って若さをアピールした文章を書いたキュウ。てか、作り込んでる若さがバレバレな気もしないでもないがな。

5記事くらい書いたところで、あたしは精も根も尽き果てたキュウ……。
これ、あと何記事書けばアクセスが来るキュウ? あと何記事書けばアフィリエイトで報酬がもらえるのキュウ……?
もう何が正解か分からないキュウ。

周りにアフィリエイトやネットビジネスをやってる知り合いなんかいない。
誰にも相談できないのが辛いキュウ。
あたしは誰か仲間が欲しくて、アダルトアフィリエイトで生計を立ててるであろう人を検索したキュウ。
その人たちのサイトには、自分がどうやって成功してきたかが書かれており、「アダルトアフィリエイトをやりたい人や行き詰まってる人相談して下さい」というようなことも大抵書いてある。

あたしは、誰かに、相談したい気持ちを抑え切れなかったキュウ……。

複数のアダルトアフィブロガープロフを閲覧して、その中で“ほっこりおじさん”て感じの、優しげな文章を書くおじさんに、ダメ元でメールを打つ。

「あたしはネットビジネス初心者で無知ですが、やるならアダルトアフィリエイトだと思い、ブログでのアダルトアフィリエイトを試みていますキュウ。
あたしはAVのエキストラのバイトをした経験があり、その内容を書いて、ブログには××と■■(いずれもエロ動画サイト)のリンクを貼っています。これでいいか不安になってきたので、ご意見頂けると嬉しいキュウ」

あたしのブログのリンクを貼って、いざ、送信!

……こんな相談に答えても、ほっこりおじさんには何の得にもならないキュウ。
なのに翌日、ふとメールを見たら、ほっこりおじさんから早速の返信があったキュウ!
優しキュウ~~。

「しQさん、初めまして。メールありがとうございます。
しQさんのブログ拝見しました。こういうアプローチは初めて見るので、とても面白いですね!
このまま続けていってもいいと思いますよ。
ただし、アフィリエイトで貼っている××のリンクですが、××よりも報酬に繋がりやすいのは▲▲です。なので、▲▲のアフィリを貼るのもオススメします。アフィリエイトは初報酬に繋がるまでが大変ですが、頑張って下さい」

泣いたキュウ~~~!!

ネットビジネスを調べ始めてから、ずっと1人での孤独な戦いが続いていたけれども、こうして先駆者からメッセージをもらえると、

こんな想いをしているのはあたしだけじゃないんだ……って、ほっこりおじさんの言葉が沁みまくっっているキュウ~~~。

あたし、いつからこんな か弱い女になっちまったキュウ~~?

ってか私、▲▲っていう動画サイトの存在すら知らなかったキュウ!!
ほっこりおじさん的には▲▲がオススメだったけど、調べてみると他の人は××の方がオススメとか書いてあって、もう何がなんだか。
調べれば調べるほど、月額制会員タイプと1動画購入の報酬だとか、広告を貼る位置だとか……一件一件解決しなければいけないことが掘り下げる度に出てくるキュウ。
もう、あたし疲れたキュウ……。(お決まりのパティーン)

ブログのキャラ(=20代のエロかわいい女子)でツイッターアカウントも作成したけど、もうブログ続けていく気力ないキュウ。

土台を7割作ったところで力尽きるなんて……あたしは人生の敗者キュウ……。
アフィリエイトで稼いでる人を心から尊敬できるキュウ……今のあたしなら。

しQちゃんとしてではなく、しQちゃんの中の人としてのあたしを昔からネットストーキングしてるおじさん(無害)が、その鋭い嗅覚であたしの開設したアダルトアフィブログを発見して読んだらしく、「面白いよ~もっと読みたい」とメールをくれていたキュウ。

それは励ましにもなったし、このブログは普段聞くことがないAVエキストラ事情について書いてあるから、あたし自身も面白いと感じていたけど、コール&レスポンスのレスポンスがネットストーキングおじさんしか居ないとなると、次への気力がなくって結局放置しっぱなしキュウ。

こうして、ラクして稼げるはずのアダルトアフィリエイトからすっかりフェードアウトしたあたし。

地道に働く道をすんなり受け入れればいいのに、まだ不労所得収入を夢みて他のネットビジネスを探し始めたキュウ。懲りない奴キュウ……。

次回、『しQちゃん、情報商材を買う』。お楽しみにキュキュウ~ッ!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク