華麗なる復活

「借金ゼロと猛アピール」「炎上ツイート連発」坂口杏里、AV支持者を呆れさせた迷走

sakaguchianri1014.jpg
交際中の小峠の死んだような目が忘れられない

 AVデビューした、ANRIこと坂口杏里のTwitterが、波紋を呼んでいる。9月にANRIとしてのアカウントを新設して以降、さまざまなツイートで注目を集めているが、その一方で関係者は、彼女の言動に“引き気味”になっているようだ。

「坂口は、新アカウントに移行してからというもの、頻繁に自撮り写真をアップしたり、フォロワーと絡んだりしています。それだけなら別に何の問題もありませんが、“お騒がせ発言”も少なくない。10月6日には、かつての交際相手であるお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二について『大好きだったょ ビジネスじゃない』とツイート。これは、前日放送の『リンカーン芸人大運動会2016』(TBS系)で小峠が坂口にエールを送っていたことを受けてのコメントでしたが、『AVのタイトルに小峠のギャグを使ったくせに!』と炎上してしまいました」(芸能記者)


 また、坂口は9日にも一般ユーザーからのリプライに「ことぅーげは本当にいい男だよ!今でも人として尊敬するし人として好き」と返信。10日には「朝ことぅーげに、なんか色々ネタにされてて迷惑かけてごめんねって送ったら、全く気にしなくていいから頑張ってねーって。本当に優しい…迷惑かけてるのに感動した…」と、連絡を取り合っていることを示唆した。

「坂口が注目を集めているのは“小峠ネタ”だけではありません。AV転身前に所属していた芸能事務所・アヴィラの先輩にあたる重盛さと美が、先月出演した番組で坂口の借金話などを暴露しましたが、坂口はTwitterで『さすが腹黒いや』と反撃。『バトルに発展しそう』と騒がれました。ほかにも、AV界のトップになりたいと主張したり、人気AV女優などが所属するアイドルグループ『恵比寿★マスカッツ』への加入願望をアピールして、ネットユーザーから『身の程知らず』と失笑されるなど、何かと話題を提供しています」(同)

 こうした坂口のTwitterでの発言について、坂口をよく知るマスコミ関係者からは次のような証言も。

「坂口がTwitterで“暴走”しているのは、1ツイートごとにニュースになるから。宣伝にもなるし、なにより『注目されて気持ちいいから』という理由のようです。そのため、重盛とのバトルも炎上上等でやっている節がありますが、軽率な発言で自ら窮地に追い込まれる危険性もはらんでいます」

 その一方で、盛んに報道されている借金については、周囲に完全否定しているようだ。

「『借金はゼロ』と言い回っているようですが、果たして本当にそうなのか……。AV出演だけなら、タレント活動の延長といえますが、坂口にはデリヘル勤務の報道も出ており、それは明らかに金銭目的と言わざるを得ない。だから、周囲にも『借金はゼロ』という言葉を信じている人はいませんよ。むしろ、当初彼女を応援する姿勢だったAVや芸能界の関係者たちは、『こんな嘘つきは信用できない』と、愛想を尽かしつつあります」(同)

 新たな活躍の場となるはずだったAV業界でも、坂口は前途多難のようだ。

ANRIの記事を読むと「キャッツ・アイ」が頭に流れるのよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!