そろそろ本格復帰!?

「マスク姿で手を振り合っていた」ベッキー、超厳戒態勢で訪れた“意外な場所”

beki_megane.jpg
瀬戸内寂聴との対談やらないの?

 ラジオ番組のスタート、また9日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)出演と、本格的な活動再開の兆しが見えてきたベッキー。元不倫相手であるゲスの極み乙女。川谷絵音は、再び異性スキャンダルが発覚しバッシングにさらされているが、この1カ月ほど前に、ベッキーは意外な場所で目撃されていたという。

 5月に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)へ単発で出演したことを除くと、約8カ月間謹慎生活を送っていたベッキー。当初は自宅から一歩も出ない生活を送っていたようだが、その後、一部週刊誌で“ひとりラーメン”をしている様子を報じられた。

「夏以降は、あまり人が集まる場所は控えていたものの、少しずつ外出して遊ぶこともあったようです。公にはなっていませんが、実は9月にはONE OK ROCKのコンサートに、超お忍びで来ていました。ベッキーはかねてからワンオクの大ファンであることを公言しており、川谷との不倫が発覚した後、ネット上で『次はワンオクのTakaを狙うんじゃない?』などといわれていたものです」(芸能プロ関係者)

 ワンオクは9月上旬、大型アウトドア施設「渚園」で2日間公演を開催。当日はファンの間でも、Mr.Children・桜井和寿や、ワンオクと同事務所のPerfume、菜々緒らの姿が目撃されていた。

「ベッキーがライブを観戦していたのは、ステージ上がまったく見えない特設関係者席だっただけに、ずっとモニターを見ていたんだと思います。開始1分前にマスク姿で現れて、メンバーたちと手を振り合っていました。その頃は、まだ活動再開のめども立っていなかったと思いますが、周囲の関係者は『あんなことがあっても、まだバンドが好きなんだね』と好奇の目で見ていたようです」(同)

 しかし、「ベッキーは川谷の元妻へのみそぎを済ませており、また川谷自身は未成年との飲酒スキャンダルを起こすなど、業界内でも少しずつベッキーへの同情論が高まりつつある。ライブ観戦情報が、まったくマスコミに漏れなかったのも、そのためではないでしょうか」(同)という。

 いまだ一部ネット上では川谷同様、激しくバッシングされているベッキーだが、少しずつかつての生活を取り戻している様子。今後も誤解を招きかねない行動には注意しつつ、本格復帰を目指してほしいものだ。

「バンドマンはやめておけ」の教訓を知らしめた功績はでかい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  2. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  3. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  6. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  7. 坂口杏里、AVの“Amazonレビュー激減”
  8. 安藤美姫、ビキニ姿にアンチ爆発
  9. 関係者が密告「性格悪い」芸能人
  10. 韓国大企業の汚職を暴くドラマが話題
  11. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  12. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  13. 石原さとみの顔はエロいのか?
  14. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  15. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  16. 中居正広、仕事は好調、結婚も近い!?
  17. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  18. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  19. 自称「満ち足りた男」を暴く爽快感
  20. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  2. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  3. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  4. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  5. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  5. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?

海外ゴシップの人気記事

  1. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ
  4. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと