サイゾーウーマン勝手に調査団

マスコミ関係者が名指し! 今年ブレークしてもう“失速”したタレント3人

fujiwarasakura1011.jpg
「Soup」/ビクターエンタテインメント

 今年も残り3カ月を切った。ネット世論が日本の世論を形成しつつある今、芸能人も、ちょっとした言動が倫理から逸れてしまうと「一発退場」になる状況が生まれている。
 
 だが、特に道を外していないにもかかわらず、今年出てきてもう失速してしまったタレントもいる。関係者の声を聞いてみよう。 


「女芸人の横澤夏子です。今年、合唱を指導する音楽の先生などイラッとくる女性のネタでブレークしましたが、トーク力がまったくない。『バイキング』(フジテレビ系)や『王様のブランチ』(TBS系)にレギュラー出演していますが、特にアドリブがうまいわけでもなく、置き物状態です」(芸能プロダクションマネジャー)
 
 と、なかなか手厳しい。だが横澤を挙げるなら、吉本の同期であるおかずクラブも、尻すぼみといえるだろう。また、

「藤原さくらも消えましたね。今年4月、福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)で鮮烈なテレビデビューを果たしたものの、女優としても本業の歌手としても姿を見かけません。月9は福山と同じアミューズ所属だったため起用されただけで、本人の実力はおろか人気も伴っていませんでしたから、彼女にとってはお茶の間に名前を知ってもらえたくらいで、今のところはいいんじゃないでしょうか」(週刊誌編集者)
 
 ちなみに福山は今、主演映画『SCOOP!』でも苦戦中のようだ。そして、

「芸人の永野もいつの間にか消えましたね。本当に“いつの間にか”という言葉がしっくりきます。一時期『ラッセンが好き~』という声が、テレビからとにかく聞こえていましたが、“そんなあなたのことは嫌い~”という視聴者が多かったのでしょうか。トレンディエンジェルとメイプル超合金は、かろうじて気の利いたしゃべりができるのでまだいいんですが、彼にはまったく期待が持てませんでした。まあそれが永野の“味”なんですが。でもやっぱり“笑ってほしいやつだけ笑ってくれればいい”と思っているようなら、舞台で地道にやることですね」(テレビ関係者)

 そのほか、三戸なつめは「前髪を切りすぎただけの女」(前出・マネジャー)などといった意見も挙がった。

 芸能界は大した才能がなくても生きていける甘い世界といわれているが、やはり何もないと、こうして淘汰されていく運命なのだろう。いずれにしても息の長いキャリアを積むのは非常に大変なようだ。
(後藤港)

むしろ今名前が出て来るだけマシな方

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク