その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「競馬場行ったら面白い」「スケジュール空けといて」、SMAP中居&香取が『スマシプ!』継続に意欲的

 昨年9月に放送された『テレ朝SMAPバラエティ部スマシプ!全然ゆるくないバスの旅 秋の3時間SP』(テレビ朝日系)。同局でバラエティ番組のレギュラーを持っているSMAP中居正広、草なぎ剛、香取慎吾の3人がプールやBBQなどのロケを楽しみ、ファンからも大好評だった番組だ。SMAPの年内解散が決定しているものの、ファンはもちろんのこと、彼らも“スマシプ”の復活を望んでいるという。

 2011年から『中居正広のミになる図書館』(前身は『白黒ジャッジバラエティ 中居正広の怪しい噂の集まる図書館』)のMCを務めている中居。「月刊TVnavi」10月号(産経新聞出版)のインタビューでは、『SmaSTATION!!』が放送開始から丸15年を迎える香取にメッセージを求められると、「香取くんと草なぎくんと一緒にやった特番『(テレ朝バラエティ部)スマシプ』、あれがまたできたらいいなぁと個人的には思います。早いもので前回からもうそろそろ1年経つので。できるかどうかは全然わからないけど、何となく勝手にいつかまたあるのかなって(笑)」と、願望を明かしている。草なぎの『「ぷっ」すま』を含めた3番組は制作スタッフが一緒だそうだが、「僕なんかは普段スタジオでやっている分、また3人で外にロケで出ると楽しいかなと思いますし、また新しいことができたらね。うん、だからその時がきたら『スケジュール空けといてね』って伝えたいですね」と、語っていた。

■続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク