5ステップで出来る!超ソフト繋縛を覚えて「自称S」の彼を縛る夜(手首・足首ver)

酸性の強い温泉は肌が赤くなります。こんにちは、大根 蘭です。

 セックスの際、ちゃんとした縄ではなく、旅館で置かれているような浴衣の帯紐を持参して縛りたがる彼がいました。縛るといっても、手首をかる~く程度ですが、おそらく興奮材料として、ソフトSM的なものをしたいのでしょう。スカトロ以外なら受け入れる私は、協力体制も万全。

 手首の次は胸縛り(乳房縛り)をしようと意気揚々と取り組むものの……蝶々結び的な「絶対に違うよね?」な仕上がりや、強めに縛ったはずの手首がいつの間にかホロリと抜けていたりで興醒め。彼が手品を披露していたのであればお見事ですが、彼は縛りたいのです。そんなに縛りたいなら・・・・・・少しはさ、学ぼうか。

○繋縛は、我が身を守る!?

 真性Sの方はどうかわかりませんが、「俺、Sなんだよねぇ~」発言くらいの人は、自分も同じことされたい願望があるように見受けられます。※私個人の感想です。そのため、「仕返しだお!」と、同じように縛られる気配を感じると嬉しそうに、もう両手首を合わせて、縛られるその時を待っていたりするわけです。しかし、私も縛り方なんてわかりません。「亀甲縛り」というほど本格的なものじゃなく、ソフトな「縛り」をどちらかが覚えていれば楽しめるはず。わかりました、私が学びますよ。覚えていても損はないでしょう。今後どこで役に立つかわからない。ほら、悪者をとっ捕まえた時に、手首・足首縛って犯人確保。警察協力章だって夢じゃない。(常に縄や帯を持ち歩いていること前提ですが)※“本格的な”緊縛技法を知りたい方はコチラから

○チャレンジしてみた。

 ということで、今回は簡単に出来る、“超ソフト繋縛技法(手首・足首ver)”をリサーチして、チャレンジだ!……でも、ひとりじゃ出来ないな……。30歳半ば・独身、親と同居中。そんな娘が父親に手首を縛らせてくれと頼んだら、さすがの父親も泣き崩れるでしょう。これ以上心配はかけられません。頭を悩ませているところに……通りすがりの編集長発見!

「あの……し、縛らせて下さい」。

<準備>ロープを半分に折り、半分に繋がった部分にロープをくぐらす。

STEP.1 真ん中に引っ掛けた部分がくるように輪に両腕を通しギュッと締める。

STEP.2 余ったロープを両腕の間に回す(奥からでも手前からでもOK)※その後に通すための余裕は残しておく。

STEP.3 作っていた輪っかの中に通して、ギュッと締める。

STEP.4 更に緩まないように、2本のロープで団子結び。

STEP.5 完成!!

◆それだけでは、物足りなくなり……

余ったロープで社内のデスクに繋げちゃいましょうか。テーマは「社畜」。

「指毛うつっちゃってました?」

※今回は、手首・足首verをお届けしましたが、オッパイはまたの機会に。というか、オッパイに関しては、縄で縛ることなく、ブラジャーをつけたままでカップ部分をベロンと下げるだけでも、彼の興奮度が急上昇しました(緊縛と同じような視覚効果があったのかも)。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  7. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと