今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

活動休止発表後も、なお話題を集めるゲス乙女。にまつわる新たな気付き

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

gesu-cd.jpg
『両成敗』/ワーナーミュージック・ジャパン

◎新たな発見
 ネット対ゲスの戦いは、不倫発覚の第1ラウンド、自分だけ飄々と活動の第2ラウンドを経て、未成年飲酒交際の第3ラウンドに入り、初の「非を認めて謝る」というネット優勢勝ちに。しかしビデオ判定でよく見てみれば、「単なるアーティストのツアー明けの休み」ということが判明し、次のゴングへ。

 よく続くなぁ。よく続くだけのネタ出せるなぁ。なーんにも考えてないんだろうな、普通の常識人が考えるようなことを。そういうところがアーティストだと思ってんだろうなぁ。常識をわきまえたくないって点を中心に、脳内アーティスト度数が高まってんだろうなぁ。でも、なれただけでもよかったって話だ。ちゃんと税金納めてるんだもんね。これでアーティストじゃなかったら、本当に、単なる下衆。

 12月のツアー終わりで謹慎して休みますって言ってるんだから。もうこのテに何言ってもさ。ゲスの面に小便、ゲスに釘、豆腐にゲスがい。何かゲスって使うと楽しいな。ひょっとして、それがいつまでも取り上げられる原因なのか。あー、ゲス休み!

◎ガセの極み
「ガセ川さん、ガセ川さん」と、事件後も『バラ色ダンディ』(TOKYO MX)で楽しくからかわれていたのが、ガセをこじらせ、MXテレビからも消滅。レギュラー仕事のほとんどがなくなってしまった長谷川豊。自業自得を認めつつも、「ネットいじめなんてしてるヒマあったら、もっと有益なことに時間を使おう」とブログで呼びかけ。

うーん。でもねぇ。元々「ネットいじめ」的なことを得意とする層を主な顧客として、アオりにアオって商売回してたわけだから。風俗行って、指名したコに「こんなところで働いちゃダメだ」って説教してるのと似ている。「お前が言うか」の構造が。

ガセを言う場すら与えられなくなって、「さ、終わった終わった、次次」って誰もいなくなった後も、人生は続く。そして、人生はそうなってからの方が、結構長い。……佐村河内センパイ、お久しぶりっス!

◎知らない世界
「テンガ、新しくなりました」ってテレビから声が。びっくりして見ると、渡哲也と吉永小百合が映ってて二度びっくり。「テンガ」じゃなくて、「天」っていうお酒のCMだった。びっくりすんな。

これ作ってる人も出てる人も、テンガなんてシロモノが、この世に存在することすら知らないんだろうな。そう考えたらなんだかしみじみ。あとこの2人、合わせて一体いくつなんだろ。いろいろとしみじみさせられるCMであった。ちなみに答えは145歳。しみ……っ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー