[ジャニーズ・メディアの裏側]

テレ朝会長“ジャニーズ事務所批判”は「完全に失言」!? テレビ関係者が眉をひそめるワケ

2014smap_kouhaku.jpg

そこまで言ったんなら、来年も『スマステ』『「ぷっ」すま』継続お願いね!

 テレビ朝日の早河洋会長兼CEOの“アンチジャニーズ事務所”発言が注目を集めている。テレビ局がジャニーズ事務所の圧力に屈している構図は、もはや一般人も感じているところだけに、この発言はネット上でも驚きを持って受け止められた。しかし、テレビ局トップの発言としては「完全に失言」(テレビ局関係者)なのだという。

 早川会長は、9月27日の定例会見で、ジャニーズ事務所の影響力を問う記者に対して「事務所の影響力で、(テレビ局が)右往左往しているように見られるのは残念。ジャニーズ事務所も芸能プロのひとつに過ぎない」と回答。ジャニーズに対する抵抗とも取れる発言に、SMAP解散の原因は事務所にあるとするファンからは、「よくぞ言ってくれた」「他局も追随してほしい」といったエールが送られていた。

「しかしこの発言は、テレビ業界的に見ればアウト。放送局のトップが、いち芸能プロダクションに対して私情に近いコメントをするというのは、ルール違反なんです。例えば、同じく芸能界で大きな影響力を持つバーニングプロダクションや、同局で『ドクターX ~外科医・大門未知子~』が大ヒットしている米倉涼子所属のオスカープロモーションに、同様の発言ができるのか? という話」(テレビ局関係者)

 近頃では、フジテレビ・亀山千広社長がSMAP解散回避時に「助けられました」と発言したり、またNHKの籾井勝人会長が大みそかの『NHK紅白歌合戦』について「当然のことながら私は(SMAPに)出てもらいたいと思ってます」「私が出て行って済む話なら、ジャニー喜多川社長と直接話したい」と話したこともあったが、「これらも、私情が垣間見える発言。局の惨状やコメントへの一般人の批判を見ていれば、両者も失言をしていることが、よくわかると思います」(同)という。

「反対にTBSの定例会見では、記者の『ジャニーズのタレントを使うにあたり、不自由は感じないか』という問いに対し、トップではなく常務が『事務所はパートナーであり、仲間。不自由など感じている点はない』とコメントしていましたが、テレビ局の対応として正しいのはこちらの方ではないでしょうか。報道畑出身の早河会長だけに、事務所とのコネや圧力といった話には抵抗感があり、あの発言となったのでしょうが、会長という立場の人間が軽々しくしていい発言ではない」(同)

 それでも、ジャニーズへの不信感を募らせるファンにとっては、貴重な援軍が登場した事実に変わりはない。今後もジャニーズとテレビ局をめぐるパワーバランスに、注目していきたい。

『Mステ』ジャニーズ枠の裏事情も教えてよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク