そりゃそうだ!

「AVタイトルに使ったくせに」坂口杏里、小峠との交際は「ビジネスじゃない」発言に猛批判

1609sakaguchia.jpg
「大好きだったょ」の「ょ」に宿る不穏さ

 ANRIとしてAVデビューした坂口杏里が、新しく開設したTwitterで6日、元交際相手のバイきんぐ・小峠英二について「大好きだったょ ビジネスじゃない」とツイートしたものの、この発言に対し、多くのネットユーザーが呆れ返っている。

「小峠は、5日放送の『リンカーン芸人大運動会2016』(TBS系)に出演した際、坂口へのコメントを求められ、『(AV)デビューしたからにはトップを取っていただきたい! 一度愛した女として全力で応援しますよ! 頑張ってください!』と、メッセージを送っていました。この放送を受けて、あるTwitterユーザーが『ビジネス交際とかマスコミ関係が騒いでたけどANRIちゃんとことぅーげさんの関係はビジネスじゃなくて真実の愛だったんだよ!って超大声で言いたい!』と投稿したところ、坂口はそれに対し『大好きだったょ ビジネスじゃない』と、過去の恋人への思いを、あらためて表明したんです」(芸能記者)

 このツイートは拡散され、ネット上で話題になっているが、一部では「本気で好きだったら、なぜAVのタイトルに『What a day!!』なんて小峠のネタを使ったの?」「ビジネスじゃないって、タイトルに使ってるじゃん!」といった批判的な声も。

「坂口のAVデビュー作のタイトルは、小峠のギャグ“なんて日だ!”を英訳したもの。これでは小峠と付き合っていたことをネタにしていると思われても仕方がなく、今回の発言に関しても『まだまだ小峠ネタを使うつもりか』『売名目的でした~なんて言えるわけないもんな』『これも話題作りでしょ』『“ビジネスじゃありません”って言い続けるビジネスなのね』などと苦言をていされています」(同)

 坂口がいくらビジネスではないと主張しても、こうも“ビジネス交際疑惑”が打ち消されないのには、理由があるようだ。

「そもそも2人の交際が注目されたのは、2014年発売の『フライデー』(講談社)に水族館デートを撮られたり、ベッド写真が流出したことがきっかけでした。デート写真は、まるで意図的に撮らせたような仕上がりで、またベッド写真の坂口は、メイクばっちり。そのため、当時からマスコミ関係者の間では、『坂口が自らリークしたのでは?』とささやかれていたんです。さらに、小峠との交際で騒がれている中、坂口がホスト男性と店外デートする姿の目撃談も上がっていただけに、よりビジネス交際説が疑われるようになりました」(同)

 こうした背景があることから、Twitterでの弁明も怪しまれてしまった坂口。しかし、しっかりと話題にはなっただけに、本人は満足なのかもしれない。

小峠、年末まで使えるネタできてよかったね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク