サイ女の朝ドラ通信

『べっぴんさん』すみれの母・はな死去――「斬新すぎる」といわれた死の演出とは?

『べっぴんさん』すみれの母・はな死去――「斬新すぎる」といわれた死の演出とは?

 2話終了時、幼馴染の潔(大八木凱斗)と連れ立って神戸の街に出たすみれ。3話で、潔とはぐれてしまうが、潔の友人・明美(坪内花菜)と出会い事なきを得る。そして、視聴者の大きな注目を集めたのは、靴店「あさや」店主・麻田茂男役の市村正親。すみれが明美に、麻田の靴店へと案内してもらったシーンでは、市村の演技に対して「本物のベテラン靴職人みたい」「素敵すぎてときめきがとまらないよ」「市村さんの靴職人姿に見惚れた」など、絶賛の声が飛び交った。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『べっぴんさん』すみれの母・はな死去――「斬新すぎる」といわれた死の演出とは?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ドラマレビューべっぴんさん女優のニュースならサイゾーウーマンへ!