NHKピンチ?

「今年の紅白はヤバイ」NHK、“過去最低”視聴率の可能性も!? 宇多田、SMAPも“絶望的”

2015smap.jpg
『紅白』にSMAPが出場しない日が来るなんて考えもしなかった……

 12月31日に放送される『NHK紅白歌合戦』に、同日をもって解散が決定しているSMAPが出場するのか否かに注目が集まっているが、NHK関係者の間では「むしろSMAPに出てもらわないと『紅白』はヤバイ……」などと言われているという。

「NHKの籾井勝人会長が、9月の定例会見で『(SMAPの出演について、ジャニーズ事務所の)ジャニー喜多川社長と直接話し合いたい』と異例の発言をしたように、局としての『紅白』の課題は“SMAP出演”となっている。それもそのはず、昨年の『紅白』は“目玉ナシ”といわれ、近藤真彦をトリに起用したことも、各方面から『なぜ?』と猛バッシングを受けました。その影響もあってか、昨年の『紅白』視聴率は、第2部で39.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2部制となってから過去最低を記録。そのため、今年はなんとしてもSMAPを目玉にして、視聴率を上げたいと考えているそうです。しかし、現状メンバー全員の合意は得られておらず、このままでは今年の『紅白』もパッとしないまま終わってしまうかもしれません」(芸能記者)

 今年は、音楽シーンにおいてSMAP以外に話題がないという惨状も影響しているようだ。

「一昨年は、歌手・中森明菜の4年ぶりの“復活”、一大ブームを巻き起こした『妖怪ウォッチ』とのコラボ、さらに大ヒット映画『アナと雪の女王』のコーナーを作るなど、他局では考えられない企画を成功させていた。しかし、今年はこれといった流行すらない。強いて言えば、2011年から休業していた宇多田ヒカルが今年復帰したので、NHKサイドとしては『彼女が出演してくれれば……』と狙っているのでは。ただ、宇多田はこれまで一度も『紅白』に出場したことがなく、おそらく今年もNG。頼みの綱は、やはりSMAPだけと言っていい状況です」(同)

 もしSMAPが最後まで首を縦に振らなければ、今年の『紅白』は再び“過去最低”を更新してしまうかもしれない。

ちあきなおみ復活だったら是が非でも見る!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー