「秋の納涼船」は過激ナンパ&イケメン大学生に心潤う穴場スポット?

みなさんこんにちは、みほたんです。今回は夏のナンパスポットとして名高い「東京湾納涼船」に乗ってきました。そう「夏の」……。本来は真夏に行きたかったのですが、7月~8月の週末は早く予約しないと売り切ればかり。何とか滑り込めた10月10日に乗船してきました!

しかし、この時期ならではの良さもあります。それは何と言っても安い! 秋割で通常2600円の乗船料が1600円! いや、通常料金でも充分安いんですけどね。この金額でお台場の夜景を楽しんで、レインボーブリッジをくぐって、お酒は飲み放題ですからね。そりゃナンパ師もクラブや街コンで高いお金払うより船に乗りますわ。

今回の同行者は高校の同級生であるOちゃん。チャラチャラしたスポットに縁遠いらしく「何で急に納涼船? しかも10月に」と聞いてきたので、ナンパスポットであることを明かすと驚きの様子。確かに船の中にはカップルや家族連れもいて、知らなかったらちょっと意外に思うかもしれません。

そして、今回私の目的はただのナンパ待ちではありません! 納涼船では毎日イベントが開催されていて、この日のプログラムは某大学のミスターコンのPRイベントなのです! 間近でイケメン大学生を拝むチャンス、あわよくばお近づきになれるかもしれないし、大学生イベントがあるということは応援や取り巻きの男子大学生が沢山遊びに来ているかもしれないし、そもそも乗船料1600円で飲み放題なんて超安価なので、イベントと関係ない男子大学生も溢れているかもしれない。そう、もう私の頭の中は男子大学生でいっぱい!

チケットの引き換えを済ませて、時間になったのでいざ乗船! 出会い云々を抜きにしても、船上パーティという非日常感にワクワクします。船内は外のテラスと5つのデッキに分かれていて、イベントステージがあるメインデッキとテラスが一番賑わっているようです。女性専用エリアやリクライニングシートのあるデッキもあったのですが、ほとんど人はいませんでした。船内のいたるところに屋台のようなフードコーナーやドリンクカウンターがあって、まるでお祭りのような雰囲気。さっそくテラスに出てビールで乾杯したところで船が出航!

「レインボーブリッジいつくぐるのかなぁ」などと話していると、「乾杯~!」と警察官のコスプレと、中途半端にマントだけ羽織ったなんちゃってドラキュラの2人組があらわれました。しかし、勢いが良かったのは登場シーンだけで「どこからきたんですか?」「よく来るんですか?」など、ナンパ初心者丸出しの質問攻め……。白けた空気を察したのか、それともよく顔を見たら「違うな」と気付いたのか知りませんが、すぐに退散していきました。後でOちゃんに聞くと、列に並んでいる時から女の子を吟味してる発言をしていたみたいです。ホント初心者丸出し……。

なんとなく幸先の悪さを感じつつ、小腹が減ったのでフードコーナーに行くと「何か食べる~?」とフードチケットをチラつかせた3人組が声をかけてきました。奢ってもらったシシカバブをパクついていると「この後なにか予定ある? 飲みに行こうよ!」とさっそく二次会のお誘い! いやいや、こちとらまだお目当ての男子大学生にもエンカウント出来てないのに、ここで決めるわけにはいかないよ! というわけで、連絡先だけ交換してサヨナラしました。シシカバブご馳走様です!

そんなこんなで沢山の人とは話しましたが大した収穫もなく、もうこれは飲むしか……とグビッとお酒を飲み干しかけた時、思い出した! そうだ! 私のメインイベントはこれからだ! 「ミスターコンイベント」がまだ残っている! 鼻息荒くイベントステージに向かいました。

◎生贄たちとのカラオケ大会

PRイベントの内容は「告白シチュエーションバトル」なるもので、ちょうどイケメン大学生に胸キュン台詞を言われる相手役を客席から募集しているところでした。そりゃもうめっちゃ手挙げたよね! MCのお姉さんに睨みつけんばかりの熱視線を送り続けてアピールしたよね! その甲斐あって、無事に見ず知らずのイケメン大学生に胸キュンワードを言ってもらってめちゃくちゃ潤いました。いや~来てよかった。

イベント終了後も少し船内をブラついていましたが、もうやけっぱちのようなナンパが多発しているだけで、そこに飛び込んで行く気にはなれず……。しかし! ここで終わりではなかったのです。船が港に戻って「今日もたいした収穫なしか~」と駅に向かっていると、なんと先ほどのミスターたちを発見!「ぎゃー! さっきステージ出た者です! 写真撮ってください!」と酔いも手伝って絡みまくりました。いや~私、酩酊してる時に若い男の子が現れたら、ものすごいパワーを発揮するんですよね。「帰るんですか? どっか行きましょうよ!」とグイグイ絡んで行きました。残念ながらやはり人気イケメン大学生たちは予定があるらしく(本当だったのかな?)、居合わせた彼らの友人ひとりが生贄になりカラオケについて来てくれることに! いいよ、ミスターじゃなくたって、可愛い男子大学生なら大歓迎!

そして道中、どこからか急に全然知らない男性が湧いてきて、ちょうど4人だし一緒に行こうぜ~! とカラオケにイン! 大学生からの「HY? 知らない~! UVERworldなら小学生の時に聞いてたから歌えるよ!」というジェネレーションギャップ発言に打ちのめされつつ萌えながらカラオケを楽しみました。大学生くんは気を使っていろいろ歌ってくれるしいい子だったのですが、もうひとりの正体不明男がだんだんOちゃんに過剰なボディタッチを……! あれ?

夜道で何となく連れて来たけど、全然かっこよくないし、大学生でもないし、なんやねんコイツ! とだんだんムカムカしてきて、1時間の予定で入ったカラオケを40分で飛び出し駅に向かいました。

大した努力もせずに、イケメンでもないくせに、どさくさに紛れてべたべたボディタッチしてくるなんて許せなかったんだよー!! いや、勝手に連れて来ただけですけど! 大学生には悪いけど、そそくさと電車に飛び乗りました。

次の日の朝、大量に知らない人からLINEが届いたのですが、正体不明男からは「カラオケ楽しかった! 大学生チャラくてヤバかったねwww」いや、ヤバいのはお前だから!!!

いろんな人と話して連絡先交換はしましたが、特にグッとくる人はいませんでした……。飲み放題ということもあり、こちらもかなりテンションは上がっているので話は盛り上がるんですけどね。まぁしかし、出会う人数はめちゃくちゃ多い! そして男性陣は、ちょっと喋って離れると、またすぐに別の女の子グループに声をかけている人ばかり。すごいパワーだな! ここで連絡先を収集しまくるぞ~! という気持ちが見えまくり! もはや気持ちいいくらいです。

大学生と絡めたのは良い思い出なのですが、途中絡んだ相手の中に10歳下がいてビビりました。10歳下も出会い市場に解禁されてるんですよね……。夢あるわ! テンション上がりすぎて「ひぇぇぇ! 10歳下~!!! れれれれれれんんらくさきを……!」というアラサーの勢いにビビったのか、すぐ逃げられましたけどね。でもLINEは教えてくれたよ!

■ みほたん
自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 メンバーそれぞれが難点を持つアイドルOTAFUKUガールズの貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「秋の納涼船」は過激ナンパ&イケメン大学生に心潤う穴場スポット?のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  2. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  3. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  4. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  5. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  6. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  7. 木村『A LIFE』を絶賛する女性誌
  8. 土屋太鳳の手料理に批判噴出
  9. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  10. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  11. キスマイ女性問題がネットに続出
  12. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  13. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発
  14. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  15. 山岸舞彩、セックス写真で絶体絶命
  16. 西内まりや、月9主題歌が18位
  17. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 高部あい、薬物セックス写真あった!?
  20. 山本裕典、ハレンチ行為が問題に?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  2. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  3. キスマイ女性問題がネットに続出
  4. 『DASH!!』で動物愛護論争が勃発
  5. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  3. 性被害は被災と同じくらい大変なこと
  4. セレブママサークルに「イクメンくん」加入! 「ママたちの仁義なき戦い」勃発して……!?
  5. 暴力の連鎖が生む沖縄の格差と矛盾

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 知っておきたい、カーダシアン家の10大事件
  5. E・シーラン、年収のせいで友人を失う