山崎賢人って何人いるの?

山崎賢人、『妖怪ウォッチ』実写パート出演! 「またお前か」「演技力ないのに」の大合唱

1005_youkai_1.jpg
映画『妖怪ウォッチ』公式Twitterより

 12月17日に公開される『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』の実写ビジュアルが5日に解禁され、エンマ大王に扮する山崎賢人に対して、ネット上で「またお前か!」の大合唱が起こっている。

 大人気ゲーム『妖怪ウォッチ』の映画第3弾となる本作は、アニメに実写パートが挿入されるという挑戦作。山崎のほかにも、斎藤工、浜辺美波、黒島結菜、ハライチ・澤部佑、遠藤憲一、武井咲らが出演するという。実写パートに山崎が出演することはすでに発表済みだったものの、ビジュアルが初公開されたことで、あらためて反響が上がっている。

「『もう山崎賢人は見飽きた』『実写化専門俳優でも目指してるの?』『演技力ないのに、ゴリ押しされすぎ!』『エンマ大王のイメージに合わない』などの声が飛び交い、山崎が実写作品に登場することに、世間は食傷気味のようです。山崎といえば先月28日、マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)の実写映画で主演を務めることも発表されたばかり。立て続けに実写化出演の報道があったため、余計バッシングが過熱しているんでしょうね」(芸能誌関係者)

 山崎はこれまでにも、マンガの実写化作品に多数出演してきた。2015年のドラマ『デスノート』(日本テレビ系)を始め、映画『L・DK』『ヒロイン失格』『orange―オレンジ―』『オオカミ少女と黒王子』『四月は君の嘘』に出演し、来年も映画『一週間フレンズ。』『斉木楠雄のΨ難』などの公開を控えている。

「若者向けの実写化作品で山崎が起用されやすいのは、10代の山崎ファンを狙ってのこと。10代の客は、1人ではなく友達と連れ立ってグループで劇場に足を運ぶ場合が多いため、動員が伸びる……といわれているんです。事務所も、知名度を上げるために、来た仕事はどんどん引き受けるというスタンスでしょうが、それが反感につながってしまっては元も子もない。どこかのタイミングで、方針を変えることになるでしょうね」(同)

 すでに飽きられつつある山崎だが、こうした悪評を吹き飛ばすような演技を見せてくれることに期待したい。

そして、ふと気づくと番宣で『VS嵐』に出てるっていう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム