いつ世代交代するのやら?

「主演ドラマ0%台」SKE48・松井珠理奈、決死の“事務所移籍”でさらなるジリ貧に!?

1610jurina.jpg
秋元先生パワーでどうにかならなかったの?

 SKE48の松井珠理奈が、「AKS」から「アービング」へと所属事務所を移籍したことが発表された。本人は「今まで以上に女優さんのお仕事も頑張りたいと思います」と意気込んでいるが、AKB関係者から「ただただ残念」と、ネガティブな声が続出しているという。

 2008年にグループ入りした松井は、もう1人の松井である松井玲奈と“W松井”として、デビュー当時から期待の大型新人と“ゴリ押し”されてきた。その後、玲奈はグループを卒業したが、珠理奈は7月期に『死幣―DEATH CASH―』(TBS系)で、初の連続ドラマ主演を飾った。


「ところが、視聴率的には、0%台まで落ち込む回もあるなど、当初の期待値にははるかに届かない現状。深夜枠ということで、ほとんど話題にもなりませんでした。そもそも珠理奈の“ジリ貧具合”が決定的になったのが、18歳になった直後にリリースされた写真集で、セミヌードを披露したこと。未成年飲酒疑惑や異性交遊など、スキャンダル報道によって、清純派というイメージが破綻してしまったからこそ、脱ぎ仕事をしたのかなといった印象もあります」(アイドルライター)

 さらに、移籍先を推考しなかったこととしか思えないことも、AKB48関係者に「焦っているのではないか」と言わせているようだ。

「ほかのメンバーでは、元AKBの前田亜美が人気女優を多く擁するオスカープロモーション、柴田阿弥が女子アナウンサーの名門プロ・セントフォースに所属となりました。そう考えると、正直、芸能プロとしては三流止まりのアービングへの移籍は、得策だったのかどうか……」(AKB関係者)

 ほかのAKBメンバーが所属する、ホリプロやプロダクション尾木などの各大手に比べても、アービングの知名度は低い。

「アービングは芸能事業よりも、親会社の不動産事業の方が、業界内で知られているかもしれません。AKBだけでなく、有名男性アイドルにマンションを紹介するなど、各方面への全方位外交で大きな影響力を発揮していると聞きます。また、現在の看板タレントである橋本マナミは、モーニング娘。を育てた敏腕マネジャーが担当しているそうで、同プロというより、そのマネジャーの功績でしょうね。今後、珠理奈が第一線で女優として活動していくには、心もとない気がします」(同)

 AKBメンバーの事務所移籍は、各マスコミにポジティブに報じられる機会が多いものの、こと珠理奈に関しては、関係者の間で不安視されているようだ。かつてのファンからの期待を、松井は取り戻すことができるのだろうか?

ラモスもいるよ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー