サイ女の朝ドラ通信

朝ドラ『べっぴんさん』初回21.6%! ヒロイン・すみれは「想像以上の上流階級」!?

1609_beeppin1_1.jpg
『べっぴんさん』(NHK)公式サイトより

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『べっぴんさん』(NHK総合/月~土、午前8時) 戦後の焼け野原の中、坂東すみれ(芳根京子)が家族のため、そして女性たちのために子ども服づくりに邁進していく物語。神戸に本社を置く子ども服メーカー「ファミリア」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■10月3日(月)/1話~10月4日(火)/2話
 “ととロス”に涙する間もなく始まった新朝ドラ『べっぴんさん』。1話冒頭では、終戦直後、焼け野原になった神戸の街を眺めながら、涙ぐむ主人公・すみれ。そして昭和44年、そこには事業で成功したすみれと仲間たちの姿が映される。すみれの手には、母・はな(菅野美穂)から送られた四つ葉のクローバーのハンカチが握られていた。

 時は遡り、すみれが少女だった昭和9年から物語は始まる。繊維会社を営む父・五十八(生瀬勝久)と姉・ゆり(内田彩花)とともに、神戸に新築された洋館で暮らすすみれ(渡邉このみ)。入院中の母にあげようとハンカチに刺繍を入れようとするがなかなかうまくできず、父や姉には百合とスミレの花がモチーフであると気付いてもらえなかった。主人公が上級階級であることをうかがわせるスタートに、「執事と女中のいる洋館で暮らす朝ドラヒロインって珍しい」「びっくりするほどお金持ち……」「想像以上のお嬢様だな」と、若干感情移入しにくそうな視聴者も。気になる初回視聴率は21.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、2013年『あまちゃん』から8作連続の20%超えスタートとなった。

 2話では、1話で母に差し出したハンカチの刺繍を再び作り直しているすみれ。坂東家で開催された新築披露パーティーに呼ばれた、父・五十八の会社・坂東営業部の取締役である野上正蔵(名倉潤)の息子・潔(大八木凱人)は、ハンカチの刺繍の柄が百合とスミレであることをズバリと言い当てる。そして、すみれが母のために縫っていることを知ると、応援の言葉を投げかけるといったシーンに、視聴者は大盛り上がり。潔の青年時代を演じるのが、高良健吾であることから、「イケメンは幼い頃からイケメンなのか」「将来、高良健吾になるこの子、すでにイケメン!」といった声が上がった。しかし、視聴者だけでなく姉・ゆりも潔のことを気にかけている描写もあり、「姉妹で1人の男を取り合うドロドロ展開?」という心配の声も。

 さらに2話の最後では、誘拐事件が起きていることから、神戸の街に行ってはいけないと注意されていたすみれが、潔とともに「夕ご飯まで」という約束で街に降りていく。この展開は「誘拐されるでしょ」「次回どうなるか、そわそわする」など、多くの視聴者の注目を集めており、次回からも目が離せなさそうだ。

幼馴染が高良健吾ってだけで人生勝ち組

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!