サイジョの本棚,ブックレビュー

「駄目なところ」が人生を切り開く力になり得ることを教えてくれた『不機嫌な姫とブルックナー団』

「駄目なところ」が人生を切り開く力になり得ることを教えてくれた『不機嫌な姫とブルックナー団』

『ピカソになりきった男』は、稀代の贋作画家としてフランスを騒がせた男が、自身の半生を振り返り語ったノンフィクションです。贋作といっても、単に有名な絵の複製をつくるのではなく、「作風をコピーして、その画家が描きそうな新作を生み出す」スタイルで、ピカソ、ルノワール、シャガール、藤田嗣治ら人気巨匠の贋作を約30年も生み続けた“天才”ギィ・リブ。彼の人生は、そのまま映画化されそうなほどドラマチックで、波乱に満ちています。  娼館を取り仕切る夫婦のもとに生まれ、青年期には路上生活を経験。犯罪者たちとつるみつつ、商業水彩画家として生計を立てていたギィは、当初は力試しのつもりで「巨匠が描きそうな新作」に取り組むことに。そしてその才能を見込んだ画商のもとで腕を上げ、鑑定家のみならず、時に作者本人も本物と認めてしまうほど“完璧な贋作”をつくりだすようになります。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「駄目なところ」が人生を切り開く力になり得ることを教えてくれた『不機嫌な姫とブルックナー団』のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! [サイジョの本棚]のニュースならサイゾーウーマンへ!