[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐・松本潤&井上真央、結婚破談へ!? ジュリー氏が守り続けた“10年愛”の舞台裏

1610sakumatsu.jpg
「まだ結婚しないで!!」の図

 交際、そして結婚説が報じられていた嵐・松本潤と井上真央が、近く破局するのではと一部週刊誌が報じた。交際が断定的に報じられたのは一昨年だが、「10年愛」といわれる長年の交際期間を経てきた2人に、一体何が起こったのだろうか?

 4日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、両者の結婚が“破談”になったと報じている。その原因は、井上が9月をもって所属事務所を退社したことだといい、さらには、SMAPの解散によって損失を被ったジャニーズ事務所が、結婚に許可を出せる状況ではなくなったためという。

「記事によると、もともと藤島ジュリー景子副社長は、井上の前事務所社長と懇意の仲。そのため、交際当初から2人の交際を認めていたそうです。確かにジャニーズサイドは、2人の交際が明るみに出て騒がれないように、陰ながら応援していたフシがある。それこそファンの間では、10年近く前からウワサだけは出ていましたが、決定的に報じられるまでは相当な時間がかかっています。その間、一部女性週刊誌が、交際の決定的な情報をつかんだものの、ジャニーズサイドがメンバー全員のグラビア出演をバーターに持ちかけ、記事を握りつぶしたという出来事もあったそうです」(スポーツ紙記者)

 当然ジャニーズとしては、松本の交際発覚によって、嵐人気が低下するのを恐れていたという面もあるだろうが、「強制破局もできたはずなのに、10年にも及ぶ長い間、2人をマスコミから“守ってきた”という印象が強い」(同)のだという。しかし、「週刊女性」の記事では、井上が事務所を強引に飛び出したため、今後も同じスタンスでジュリー氏が井上に接することは難しいのではないかと伝えられている。

「夏頃には、『年内か年明けに入籍するようだ』という情報が、マスコミ中を駆けめぐっていたのに、急転直下で結婚は破談、そして破局危機という流れになりつつあります。本人同士が望んだことであるならまだしも、事務所の都合によって破談とあっては、業界内から同情論が噴出してもおかしくありません」(同)

 さらに芸能プロ関係者は、SMAP解散の余波による破談という報道に、首をかしげざるを得ないようだ。

「交際が公になった際には、ジャニーズファンからも『応援できるカップル』などと、意外にも祝福の声が多く上がっていました。現在ジャニーズファンは、事務所に対する不信感を募らせている状況。SMAP解散の損失を補わせるために、結婚をあきらめさせることが、本当に事務所にとってプラスになるのかどうか、少なからず疑問が残ります」

 交際や結婚に対して、本人たちが自ら認めることは依然として皆無という状況だが、果たして今後、何らかの形で公の発表が行われるのだろうか?

『花男』より現実の方がありえないっつーの

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー