[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

娘の学童のメンバーで行ったキャンプ、ほかのパパママとノリが合わないと思っていたけど……!?

kosodateillust228.jpg
(C)倉田真由美

 9月の連休に、娘ココが通ってる学童の1泊2日のキャンプがあり、妻くらたまと3人で参加してきました!

 ちなみに1年生で参加する子どもたちは娘ココを入れて4人で、ココ以外の3人は男子ですよ。学童に通ってる1年生は15人ほどいるのに! オレはこのキャンプの実行委員なので、学童と小学校の保護者会で会ったママたちに「キャンプに行きましょうよ」と誘ったんだけど、みなさん「当日は仕事なんですよ」とか「下に子どもいるからねえ」とか「3年生のママたちがちょっと怖いかな」などと断られた……。1年生の女の子がココだけでは寂しいじゃないですか。オレも勧誘を頑張ってみたんですが、撃沈。「キャンプの様子を教えてください。それ次第で来年は参加します」というママも何人かいました。

 キャンプ全体の参加者は保護者を入れて60人ほど。去年は90人近かったそうです。参加者があまりにも減っているので、実行委員会主導で、学童の全員に向けてのキャンプ説明会を開くことに。参加するか悩んでいるママたちにキャンプの楽しさを説明すれば、決め手になるのではという目論見。この説明会用にわざわざ動画も制作するなど、実行委員のパパママは頑張ってくれたんです。

 でも、説明会当日は1年生の保護者は誰も来ず、2、3年の保護者はすでに参加決定しているママが数名来てくれただけ……。せっかく広い会場も借りて動画まで作ったのにガックリですわ。結果的に説明会後に新たにキャンプに参加するという人はゼロ。新規で参加者を集めることはあきらめましたよ!

 キャンプ当日まで月イチで打ち合わせがあり、オレはほぼ参加しましたが、決めることが多すぎてこれは大変な労力。まず、バスの手配、宿泊施設やキャンプファイヤー、BBQなど確認からバスの座席決め、宿泊施設の部屋割り、当日の持ち物などいろいろありすぎ。

 ちなみにオレはキャンプファイヤーのレクチャー担当に。キャンプファイヤーでどんな出し物をするかを考え、現場を仕切る係なんです。去年のキャンプファイヤーはパパたちが「ヒゲダンス」を踊ったそう。すごすぎる、想像を絶しますね。とてもじゃないが、オレは人前でそんな踊りを披露する度胸もスキルもない。なのでオレが提案したのは「肝試し」です。キャンプ委員のみなさんは「うーん……」とイマイチな反応。

 あるパパが、「今年はパーフェクトヒューマンをやりますか!」と言ったら、みなさんが「それがいい!」と決まってしまった。ちなみにオレは「パーフェクトヒューマン」を知らなかったので、ネットで調べましたよ。お笑いコンビのオリエンタルラジオによる、ラップ調な歌とダンスなのね。しかしこのダンスはいかがなものか。少なくともオレにはできん。が、流れ的にパパは全員踊ることに! マジで気が重い……。

叶井さんのイケボで、キャンプファイヤーの司会とは萌える!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク