サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』23.3%で今世紀3位も……「最悪の作品」と怒る視聴者続出だったワケ

ark160913.jpg
『とと姉ちゃん メモリアルブック』(NHKサービスセンター)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンがお届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■10月1日(土)/156話(最終回)
 いよいよ最終回を迎えた『とと姉ちゃん』。156回目の最終話では、常子の夢の中に、とと(=父親/西島秀俊)が現れ、父親代わりという重責を負わせたことを侘びた。ネット上では、「最後にととが出てきてうれしい」「ととが常子を労うシーン、しみじみと泣けた」「常子が自分の人生に納得した瞬間なんだろう」といった、感動のコメントがあふれた。一方では、「父親がやっと呪いを解きに来た」「そもそも、少女に重責を負わせる遺言をする父親が許せない」などと、設定に対する批判も上がった。
 
 『とと姉ちゃん』は、ことあるごとに「高視聴率なのに不評」といわれてきた作品。Twitterでの意見も、「朝ドラのなかでも思い出に残る良作」「見るのが苦痛な最悪の作品」と、評価が二分した。批判の中で圧倒的に多かったのは、「脚本や演出が雑」という意見で、「年齢設定や値段設定、季節の表現が無茶苦茶」「エピソードがぶつ切れ」などの指摘が飛び交った。また、モチーフとなった雑誌「暮しの手帖」の愛読者からは、「雑誌と創業者に対して敬意がなさすぎ」「『モデル』ではなく『モチーフ』といって逃げているくせに、表紙は本物とそっくり。バカにしている」と、嫌悪感のコメントが多数寄せられた。

 さらに作品を通して話題となったのが、声優の緒方賢一や、漫画家の桂正和などがワンポイント起用されたこと。「○○さんが見られて、得した気分」と喜ぶ視聴者もいたが、「役者のムダ使い」「脚本家が『自分は顔が広い』って自慢したいだけ?」と非難も爆発し、役者だけでなく、「キャラクターも使い捨て。脚本家の登場人物への愛が感じられない」という意見も多かった。

 終わってみると、期間平均視聴率22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、前作の『あさが来た』23.5%、2002年前期の『さくら』23.3%に次いで今世紀3位の結果に。今週から始まった『べっぴんさん』は、この高視聴率をキープできるのだろうか?

視聴者がやたらと元気だった朝ドラでした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『とと姉ちゃん』23.3%で今世紀3位も……「最悪の作品」と怒る視聴者続出だったワケのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! とと姉ちゃん・ドラマレビュー・女優のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. ともさかりえ、略奪再婚の離婚劇
  2. 指原莉乃、放送事故で大ピンチ!?
  3. 横山裕&田中みな実、交際は事実の証言
  4. ブルゾンちえみ、パクリ疑惑が続出
  5. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  6. 東京03、過激LINE流出騒動に疑惑
  7. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  8. 指原“STU48加入”に博報堂が反発!?
  9. 安藤美姫の誘いを断る羽生に絶賛の嵐
  10. 松嶋菜々子、「Domani」で“平凡な私”語り
  11. 櫻井翔「顔パンパン」問題を高須が斬る
  12. 顔出ししたシーアにネットも微妙な反応
  13. 藤原紀香「写真握手はお断り」
  14. 「事務所独立」を企てるタレント2名
  15. 木村拓哉、SMAP曲を熱唱の夜
  16. 小倉優子がママタレとして狙うべきもの
  17. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃
  18. NEWS・小山、ツーショット写真流出
  19. 『べっぴんさん』最終回目前も酷評
  20. 指原莉乃初センター曲が「過去最低」

ジャニーズの人気記事

  1. 横山裕&田中みな実、交際は事実の証言
  2. NEWS・小山、元カノは「元AKB48」
  3. 『PとJK』、空前絶後の大コケ
  4. 木村拓哉、SMAP曲を熱唱の夜
  5. Jr.西畑、公演中に昏倒しファン衝撃

カルチャーの人気記事

  1. 松嶋菜々子、「Domani」で“平凡な私”語り
  2. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. バツ3でも幸せになる方法
  5. おばちゃんから「トイレ禁止」の嫌がらせ

海外ゴシップの人気記事

  1. 顔出ししたシーアにネットも微妙な反応
  2. G・パルトローのサイトでセックス特集
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  5. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身