サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』23.3%で今世紀3位も……「最悪の作品」と怒る視聴者続出だったワケ

ark160913.jpg
『とと姉ちゃん メモリアルブック』(NHKサービスセンター)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンがお届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■10月1日(土)/156話(最終回)
 いよいよ最終回を迎えた『とと姉ちゃん』。156回目の最終話では、常子の夢の中に、とと(=父親/西島秀俊)が現れ、父親代わりという重責を負わせたことを侘びた。ネット上では、「最後にととが出てきてうれしい」「ととが常子を労うシーン、しみじみと泣けた」「常子が自分の人生に納得した瞬間なんだろう」といった、感動のコメントがあふれた。一方では、「父親がやっと呪いを解きに来た」「そもそも、少女に重責を負わせる遺言をする父親が許せない」などと、設定に対する批判も上がった。
 
 『とと姉ちゃん』は、ことあるごとに「高視聴率なのに不評」といわれてきた作品。Twitterでの意見も、「朝ドラのなかでも思い出に残る良作」「見るのが苦痛な最悪の作品」と、評価が二分した。批判の中で圧倒的に多かったのは、「脚本や演出が雑」という意見で、「年齢設定や値段設定、季節の表現が無茶苦茶」「エピソードがぶつ切れ」などの指摘が飛び交った。また、モチーフとなった雑誌「暮しの手帖」の愛読者からは、「雑誌と創業者に対して敬意がなさすぎ」「『モデル』ではなく『モチーフ』といって逃げているくせに、表紙は本物とそっくり。バカにしている」と、嫌悪感のコメントが多数寄せられた。

 さらに作品を通して話題となったのが、声優の緒方賢一や、漫画家の桂正和などがワンポイント起用されたこと。「○○さんが見られて、得した気分」と喜ぶ視聴者もいたが、「役者のムダ使い」「脚本家が『自分は顔が広い』って自慢したいだけ?」と非難も爆発し、役者だけでなく、「キャラクターも使い捨て。脚本家の登場人物への愛が感じられない」という意見も多かった。

 終わってみると、期間平均視聴率22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、前作の『あさが来た』23.5%、2002年前期の『さくら』23.3%に次いで今世紀3位の結果に。今週から始まった『べっぴんさん』は、この高視聴率をキープできるのだろうか?

視聴者がやたらと元気だった朝ドラでした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと