サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』23.3%で今世紀3位も……「最悪の作品」と怒る視聴者続出だったワケ

ark160913.jpg
『とと姉ちゃん メモリアルブック』(NHKサービスセンター)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンがお届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■10月1日(土)/156話(最終回)
 いよいよ最終回を迎えた『とと姉ちゃん』。156回目の最終話では、常子の夢の中に、とと(=父親/西島秀俊)が現れ、父親代わりという重責を負わせたことを侘びた。ネット上では、「最後にととが出てきてうれしい」「ととが常子を労うシーン、しみじみと泣けた」「常子が自分の人生に納得した瞬間なんだろう」といった、感動のコメントがあふれた。一方では、「父親がやっと呪いを解きに来た」「そもそも、少女に重責を負わせる遺言をする父親が許せない」などと、設定に対する批判も上がった。
 
 『とと姉ちゃん』は、ことあるごとに「高視聴率なのに不評」といわれてきた作品。Twitterでの意見も、「朝ドラのなかでも思い出に残る良作」「見るのが苦痛な最悪の作品」と、評価が二分した。批判の中で圧倒的に多かったのは、「脚本や演出が雑」という意見で、「年齢設定や値段設定、季節の表現が無茶苦茶」「エピソードがぶつ切れ」などの指摘が飛び交った。また、モチーフとなった雑誌「暮しの手帖」の愛読者からは、「雑誌と創業者に対して敬意がなさすぎ」「『モデル』ではなく『モチーフ』といって逃げているくせに、表紙は本物とそっくり。バカにしている」と、嫌悪感のコメントが多数寄せられた。

 さらに作品を通して話題となったのが、声優の緒方賢一や、漫画家の桂正和などがワンポイント起用されたこと。「○○さんが見られて、得した気分」と喜ぶ視聴者もいたが、「役者のムダ使い」「脚本家が『自分は顔が広い』って自慢したいだけ?」と非難も爆発し、役者だけでなく、「キャラクターも使い捨て。脚本家の登場人物への愛が感じられない」という意見も多かった。

 終わってみると、期間平均視聴率22.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、前作の『あさが来た』23.5%、2002年前期の『さくら』23.3%に次いで今世紀3位の結果に。今週から始まった『べっぴんさん』は、この高視聴率をキープできるのだろうか?

視聴者がやたらと元気だった朝ドラでした

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 嵐、JUMPらジャニーズ性風俗事情
  2. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  3. 映画『相棒』過去最高ヒットの謎
  4. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  5. 『カルテット』衝撃ラストに視聴者あ然
  6. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  7. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  8. 岸優太の無邪気さがすごい
  9. 指原莉乃初センター曲が「過去最低」
  10. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  11. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  12. 「あの女性犯罪者」、塀の中の素顔
  13. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  14. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  15. 「レプロは偉い」と担ぐ芸能ムラの人々
  16. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  17. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  18. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  19. バストも自信もアップした秘密
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  3. 岸優太の無邪気さがすごい
  4. ホテル従業員、Jr.情報を漏洩
  5. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然

カルチャーの人気記事

  1. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  2. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  3. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと