「タイトルださすぎ」で話題に

“恋愛モノ女優”石原さとみ、『校閲ガール・河野悦子』で「可愛いだけ」から脱皮なるか?

satomi0930_2.jpg
『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)公式サイトより

 来たる10月5日、民放の秋ドラマの先陣を切る形で、石原さとみ主演『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(水曜午後10時~/日本テレビ系)がスタートする。こと連ドラに関していえば、2012年7月期『リッチマン、プアウーマン』以降に石原が出演した作品は、4作連続でフジテレビ系のドラマで、日テレの連ドラ出演は、11年7月期『ブルドクター』以来、5年3カ月ぶりとなる。

 ここ最近の石原は、『失恋ショコラティエ』(14年1月期)、『ディア・シスター』(同年10月期)、『5→9~私に恋したお坊さん~』(15年10月期、いずれもフジテレビ系)と立て続けに恋愛ドラマに出演しており、すっかり“ラブストーリー”専門女優という印象が強くなった。

 視聴率は『失恋ショコラティエ』が全話平均12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『ディア・シスター』が11.3%、『私に恋したお坊さん』が11.7%と、いずれも2ケタを超えており、一定の評価を受けてきた。愛らしいルックスが恋愛ドラマで映えるのか、視聴者からは毎回「石原さとみ、可愛すぎる!」などの声が多く上がっているが、一方で「演技がうまい」といった評価はあまりなかった。

 そんな石原が、今回は“お仕事ドラマ”にチャレンジするというのだから、ある意味、非常に注目されるところ。

 『校閲ガール・河野悦子』は、おしゃれ大好きで、スーパーポジティブな主人公・河野悦子が、夢のファッション誌編集者を目指し、出版社に入ったものの、配属されたのは地味な校閲部だったというストーリー。原作は宮木あや子の単行本『校閲ガール』(KADOKAWA/メディアファクトリー)シリーズで、脚本は『ラスト・シンデレラ』(13年/フジテレビ系)、『ディア・シスター』などの中谷まゆみと、『ドS刑事』(15年/日本テレビ系)などの川崎いづみが担当する。

 準主役は、モデルにスカウトされる大学生・折原幸人役の菅田将暉、また女優二番手は、悦子の高校の後輩である編集者・森尾登代子役の本田翼。そのほか、和田正人、江口のりこ、田口浩正、足立梨花、鹿賀丈史、芳本美代子、青木崇高、岸谷五朗らが脇を固める。

 日テレの「水10」ドラマは好調が続いており、7月期の『家売るオンナ』(北川景子主演)は全話平均11.6%で、民放連ドラでトップ。また4月期の『世界一難しい恋』(嵐・大野智主演)も12.9%と高視聴率をマークしており、いい流れができている。

 それだけに、『校閲ガール・河野悦子』も高い視聴率を求められるのは必至。この数年、恋愛ドラマでそのルックスを生かすことで人気を博してきた石原にとっては、“お仕事ドラマ”で、どれほどの数字が取れるのか、その真価が問われる作品になりそうだ。なんとしても、2ケタ台はキープしたいところだろう。
(田中七男)

菅田将暉との火遊び報道に期待しちゃうわ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー