【醜聞!世界の女性富豪家】

世界で最も稼いだ“富豪女優”がきな臭い!?  中国ヴィッキー・チャオに向けられる疑惑の目

大富豪、億万長者、大資産家――「フォーブス」世界富豪ランキングの上位には、女たちの名も少なくない。彼女たちが手にした、誰もが嫉妬すると成功と、醜聞のスキャンダルを紹介する。

vikky.jpg
画像はBaiduより

[File.08]
ヴィッキー・チャオ(趙薇)

経済力★☆☆☆☆
ゴシップ力★★☆☆☆
男性人気★★★★★
オシャレ度★★★☆☆
カリスマ性★★☆☆☆

国籍:中国
年齢:40歳
役職:女優、歌手
学歴:北京電影学院卒
総資産:74.3億香港ドル+その他(1000億円超)
配偶者:夫、夫の連れ子の男児、女児
2016年「フォーブス」世界富豪ランキング:世界で最も稼いだ女優部門1位

◎瞬く間にトップ女優に登りつめる
 エンジニアの父、小学校教諭の母のもと、中国東部の安徽省に生まれたチャオは、いたってまじめで、優秀な生徒として少女時代を過ごしたという。

 母の影響もあって、彼女が選んだのは幼稚園の教師という道。地元の中学校を卒業後は、蕪湖(ウーフー)市の師範学校に入学した。そこでチャオはピアノやダンス、中国伝統の水墨画などの勉強に打ち込んでいた。そんなある日、蕪湖で映画の撮影が行われたのだ。エキストラは市民から募集された。この頃からイヤでも目立つ美貌を湛えはじめた彼女は、周りから半ば無理やり推薦されてしまう。

「私にはムリ、お芝居なんて……」

 そう言って戸惑った彼女だが、やはり目立ちたいのは人の性。とりわけ自分の外面の価値に気がつき始めた年頃ならば、なおさらだろう。結局、映画には端役として出演。皮肉というかなんというか、役柄は売春婦だった。

 この経験が彼女を変えた。演技の快感、注目されることの悦びにドップリとハマッたのだ。あっさりと教師の道をやめ、上海に移住。銀幕を志す若者たちの登竜門、恆通影視明星学校へと通うようになる。

 才能にも恵まれていた。学生の身ながら頭角を現し、まずはテレビドラマでデビュー。若くして数々の仕事をこなしていく。

 そして名門・北京電影学院へ入学すると、その顔立ちからいきなり学校のアイドルに祭り上げられた。男たちはひっきりなしに言い寄ってきたが「私にふさわしいオトコがぜんぜんいない」と、片っ端からフッたという。が、一方で同級生たちと別れたりくっついたり、三角関係だったりというウワサは常に付きまとっていた。

 早くも大女優の貫禄だが、在学中に主演したテレビドラマがメガヒットとなり、学校どころか、瞬く間に中国トップのアイドル女優の座へと登りつめた。その後は中国だけでなく、アジアでも人気の女優として活躍していく。

せめてワキガくらいの欠点がないと恵まれすぎじゃない!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー