【連載】美容整形Dr.高須幹弥に訊く!

Hey!Say!JUMPの顔面を美容整形Dr.高須幹弥がジャッジ! “イケメン認定”のメンバーは?

jumpsyugou.jpg
先生、今回はこの子たちをお願いします!!

【第24回】「高須幹弥センセイ、Hey!Say!JUMPで一番のイケメンは誰ですか?」
今や“若手ジャニーズ代表”といっても過言ではないほど、飛ぶ鳥落とす勢いで露出を増やしているHey!Say!JUMP。グループとしてはもちろん、個人でもドラマや情報番組などに出演し、世間での知名度もぐんぐん上昇しているはず。そんな彼らの人気の1つは、やっぱりあの“甘いルックス”だと思うけど、高須クリニック名古屋院院長の高須幹弥先生、それぞれのイケメン度をジャッジしてください!

■八乙女光はホストがあこがれる顔
 グループで一番のイケメンは、山田涼介さんですね。輪郭がきれいで鼻筋も通っており、目も幅広い平行型二重で、全体的に整っています。目の開き自体はそれほどよくないので目力は弱いのですが、それがかえって優しい印象を与え、さらに目尻も下がっていることで、より優しさが強調されて、“王子様”のようなイメージにつながっていると思います。

 伊野尾慧さんも、若干タレ目で涙袋がすごく大きいので、優しい印象を与える目ですね。でも、眉毛はキリッと上がっていて、顎の先端は四角くてエラと頬骨がちょっと張り、小鼻も横に広がって男らしさもあるという、独特な顔をしています。とはいえ、やはり涙袋が特徴的なので、フェミニンなイメージになっているのではないでしょうか。

 中島裕翔さんは、それほど彫りが深くないけれど、面長で顎が大きく、鼻の横幅も広いので男らしい顔つきです。目も、今はやりの平行型二重で目力がありますね。ジャニーズ特有の“可愛らしさ”という面では鼻や顎が欠点になってしまいますが、身長が高いので全体的なバランスとしてはいいと思います。

 知念侑李さんは、骨格的にはすごくシャープな輪郭をしているのですが、下膨れ気味についた頬の脂肪のおかげで優しい印象を与えています。目もそんなに大きくないタレ目で、全体的に可愛らしい印象の顔なので、低めの身長にも合っていると思いますよ。でも、彼は鼻だけが大きいんですよ。大きな鼻は男らしい印象を与えるので、可愛い顔の中で、鼻だけ男らしさを主張していてちょっと残念です。

 八乙女光さんは彫りが深く幅の広いきれいな平行型二重の目が特徴的ですね。この目はホストが目指す形なんですよ。フェイスラインもシャープで整っているし、ほかのパーツもいい要素を持ち合わせています。ただ、中顔面が長いのが最大の欠点。鼻も長く大きいので、俗にいう“馬ヅラ”なんです。中顔面が短ければ、ホスト系のイケメンになれる顔です。

伊野尾ちゃん……その涙袋とファンを大切にしてね……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー