[女性誌速攻レビュー]「AneCan」10月号

「AneCan」苦渋の決断、「モテ系はもういらない」! しかし成仏できぬ“愛され”精神

anecan10.jpg
「AneCan」(小学館)10月号

 12月号をもって休刊が発表された「AneCan」(小学館)。この号を入れて残り3号になりますね。寂しい限りです。巻末にある「AneCan読者の皆さんへ」は、今年3月に編集長が変わってからできた、編集長からのメッセージコーナーです。編集長は、今はない「“志のある”雑誌」と出会ったことが、ファッション誌編集という仕事に就く「人生の転機」になったこと、そして、おしゃれに自信がない読者にも「なにかしら役に立てる雑誌でありたい」と思い「AneCan」を作っていると語っていました。残すところあと3回の当コーナーで伝えたかったのは、「志があろうとなかろうと、消える時は消える」ってこと……? 

<トピックス>
◎私たちが“きれい”のためにしてること。
◎僕たちが「きれいめ彼女」を選んだ理由
◎「出会える系」と噂の習い事に、潜入してみた!

■迅速すぎる前言撤回
 おしゃれに自信がない読者に向けた、「自信をもてる“きれいめ服”で生きていく」の大特集。しかし、ファッション特集にもかかわらず、初っ端からそれ以外の話が16ページも! 「私たちが“きれい”のためにしてること」「作って、食べて、きちんと暮らす“きれいな私”の24時間」という企画が幅を利かせ、本題まで遠いんですけど!

 「私たちが“きれい”のためにしてること」では、部屋に花を飾るとか、家族との時間を大切にするなどありふれた言葉が並ぶ中、発見。「この人だ!と思えるパートナーに愛される女性でいる」ですって! 先月号で「愛されるより、“愛する女”が最強です!」と熱心に丁寧にアネサーへ説いていたのに、この手のひら返し。三つ子の魂百まで、「AneCan」の「愛されたい!!」精神は早晩供養できるものじゃないってことね! でも、この一言がないと、「日経WOMAN」(日経BP社)あたりからネタ引っ張ってきたみたいな企画に終わってたので、安心しましたよ。

 お次に「作って、食べて、きちんと暮らす“きれいな私”の24時間」では、簡単に作れる自分ごはん、女子飲みごはん、彼に作るごはんなどが紹介されてます。モデルは森絵里香さんなんですが、これも他誌にありそうな内容で「AneCan」感がない! 専属モデルが出てることで、なんとか「AneCan」の体裁を保っている印象です。残り3号となったのに、まだ迷走しているのでしょうか。

パー子とアネサーはピンクを脱いだらダメなの!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「AneCan」苦渋の決断、「モテ系はもういらない」! しかし成仏できぬ“愛され”精神のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! AneCan・女性誌速攻レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 成宮寛貴、“友人A氏”の意外な今
  2. 『東京タラレバ娘』最終回にクレーム!?
  3. “クズすぎる男性タレント”暴露
  4. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  5. 山本裕典、最上もがをお持ち帰り!?
  6. 山本裕典は、前田敦子の“最初の男”!?
  7. ベッキーにスタッフ怒りのワケ
  8. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  9. 神木隆之介『3月のライオン』大コケ
  10. 伊藤英明、異例セックス写真掲載のワケ
  11. GACKTの“男性器”は改造しまくり?
  12. 渡辺直美に見る「女の生きづらさ」
  13. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  14. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  15. misono、ブログでノロケまくり
  16. 【告発】女優は映画監督に抱かれる。当たり前のように行われる乱交飲み会
  17. セックス写真流出疑惑の女子アナは今
  18. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  19. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  20. キム、パリの強盗被害を生々しく語る

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、ソロ曲歌詞で大荒れ
  2. 古舘が嵐・櫻井熱愛に余計な言及
  3. 『A LIFE』視聴率、メリーの評価は?
  4. マンガ『ヅャニーさん』38回
  5. キスマイ女性問題がネットに続出

カルチャーの人気記事

  1. 親が離婚した子の「幸せ」とは?
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  4. 「GINGER」流“隙のある女子”とは
  5. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う

海外ゴシップの人気記事

  1. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  2. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. ウィリアム王子のダンスがダサすぎ!
  5. アンジーは人気者で、ブラピは嫌われていた?