でもいい子のミミたんって興味ないわ

マイリー・サイラスが、大先輩のマライア・キャリーについて「ファンだったことは一瞬もない」

MileyCyrus08.jpg
「本当のこと言っちゃった、エヘヘ」

 近年、ほとんど裸に見える衣装と疑似セックスのようなパフォーマンスで世間をドン引きさせていた、歌手のマイリー・サイラス。しかし今年に入って元婚約者のリアム・ヘムズワースと復縁し、キャリアも見事復活。名監督ウディ・アレン初のドラマシリーズで女優業も再開し、国民的オーディション番組『ザ・ヴォイス』シーズン10のアドバイザーという重要なポジションをオファーされた。

 『ザ・ヴォイス』に関しては、当初「子どもたちも見る番組なのに、大丈夫なのか」と不安がる声も上がったが、出場者一人ひとりに親身で的確なアドバイスを与え、大活躍。「一生懸命で素晴らしい!」と視聴者の心を打ち、ネガティブイメージを拭払することに成功した。マイリーは、アドバイザーとしての活躍が高く評価され、同番組のシーズン11では審査員兼コーチに大抜てき。同シーズンはアメリカで9月19日に放送開始され、的確なコメントを出すマイリーの姿が話題を集めている。

 そんなマイリーが、番組の撮影の合間に受けたインタビューで、大先輩マライア・キャリーを手厳しくディスり、マライアのファンを大激怒させたのだ。

 このところ『ザ・ヴォイス』のプロモーションのため、メディア露出を増やしているマイリー。マライアをディスったのは、先日「二度とレッドカーペットは踏まない」と決別宣言した米女性誌「ELLE」10月号のインタビュー内だった(既報)。その全容が、現地時間27日、同誌電子版で公開されたのだ。

 インタビューでマイリーは、番組のためにプロデューサーとの衝突もいとわないと宣言。「この仕事を全力でするためにここにいるの。審査員やマイリーを演じるためにいるわけじゃない」と熱く語り、「この番組は、歌手としての才能が全てなの。お涙頂戴的なストーリーを持つ出場者に、同情して勝たせることなんてしない」と発言。インタビュー開始早々、出場者のバックグラウンドや苦労話を紹介することが多い、ほかのオーディション番組をディスった。

 撮影を見学していたインタビュアーは、マイリーが出場者に向かって「誰もがマライア・キャリーになれるわけじゃないのよ」と言っていたことについて質問。その答えの中で、マイリーがマライアを盛大にディスったのだ。

-20kgぐらいの修正を涼しい顔でできてからが、ディーヴァのスタート

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー