サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』花山編集長、死去――視聴者を号泣させた唐沢寿明の“名演技”

ark160913.jpeg
『とと姉ちゃん メモリアルブック』(NHKサービスセンター)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■9月28日(水)/153話~9月30日(金)/155話
 第153話では、読者から集まった戦争体験談をもとに、次号の「あなたの暮し」をまるまる1冊「戦争特集号」にすることが決定。そしてその号で、「あなたの暮し」は、ついに100万部の売り上げを突破することに。しかし、ナレーションでの説明だったために、ネット上には「大事なことをナレーションで終わらせるな」「100万部超えるって見どころじゃないの?」など、脚本に対する苦情が多く上がった。

 第154話では、編集長・花山(唐沢寿明)の病状がさらに悪化。出社できない花山の元に常子ら編集部員が原稿を持っていき、チェックしてもらうほどになっていた。ネット上で話題になったのは、花山の家を訪れた常子が帰るシーン。「花山の手の振り方がすごくよかった。さすがの演技力」「このシーンで号泣した」「常子の表情がとても印象的」など高評価だった一方、「花山の死を伝えるナレーションが流れるのではと、気が気じゃなかった」という声も。

 第155話では、ついに花山が死去。花山の妻・三枝子(奥貫薫)からの電話で花山の死を告げられた常子と美子(杉咲花)が花山の家に行き、亡骸と対面する。「朝から涙が止まらない」など、花山の死を悲しむ視聴者が続出。さらに、「明日が最終回か……」と最終話に思いを馳せるコメントが目立った。

 『とと姉ちゃん』放送後の『あさイチ』(NHK)には、常子を演じた高畑充希が登場。未公開シーンや撮影裏話などが披露され、さらに「最終回にととが……」という前振りも。残りあと1話。どのようなフィナーレが待っているのか、視聴者の期待は膨らむ。

日テレ局員は「ラストコップも頑張って……」と念じてるよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  4. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  7. 「オワコン女優」認定の3人は?
  8. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  9. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  16. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?
  17. “消えたAKB48”河西智美は今
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 中居、「クソつまんねぇ」とポロリ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ