生理中でセックスができない時、せめてものフェラを“要求”されるのは「普通」のこと?

生理用品やおりものシートを「布ナプキン」にしてみようか検討中です。こんにちは、大根 蘭です。

先日、20代の女子から相談されました。

「生理中でセックスが出来ないとき、フェラだけ要求してくる人ってどう思います?」

その子は交際中の彼に要求され、断るとあからさまに拗ねられて面倒だったようです。「生理中のセックス」というキーワードは、いつの時代もガールズトークのテーマのひとつでもありますね。

◎生理中フェラは当たり前?

 むかーしむかしの高校生時代に遡りますが、友人が彼とデートの予定日に生理になってしまい、それを伝えると「じゃ、デート中止で」と言われたということがありました。

♀「いや、でも体調大丈夫だよ?」

♂「でも、セックス出来ないんでしょ?」

まぁ、ここまでわかりやすい、カラダ目的であればとっとと別れるか、同じくカラダ目的の男にしてしまえばいいのですが……。では、男性たちがセックスできない時にフェラを要求するのは、そして女性たちがそれに応えることは普通のことなのか・・・・・・。

 「生理ならフェラして」と求められること自体はよくある話。という女性もいました。そのような方からみれば、「普通」の話だと思いますが、みなさんはどうでしょう?私の場合、お願いされたことがなく、その行為は「あるある」ではないので、自分だったら・・・・・・と思いを巡らせてみます。

 その前に私が何故、お願いされたことがないのか振り返ってみましたが、男性が「コイツにお願いしたら、キレるかもしれない」オーラを感じ、怯えて言えなかったというのも考えられますが、生理中は「セックス出来ない」という前提でデートをしているので、そういう雰囲気にならない(しない)ようにしていたのかもしれません。と言いつつ、生理中でも、そういう雰囲気になってしまった際、私が我慢できずにお風呂場で少しだけ、なんてことはありました。※生理中は膣内がデリケートな期間なので、本来はやめておいた方がいいです。

◎要求してくる人は“オトナの男”ではない?

 30代の同世代の男性数名に問いかけた「生理中の彼女にフェラをお願いしたことがあるか?」には、「昔は言ったことがある。今は彼女からしてくれることはあるけど、自分からは言わない」率が多かったです。中には「表情で訴える」という回答もありました。お願いしたことがある・ないに関係なく、してもらえるならそれに越したことはないようですが。

 友人に問い、ネットで相談者や回答者の意見を見てみると、自分から言い出すか否かは、年齢とともに変化があるようにも思えます。10代女子の相談に対して、「(相手の男性も)若いから仕方ないかもなぁ」とたしなめている20代や30代男性からの回答が多く見られました。ざっくりと分けるならば、10代は性欲が勝って要求しちゃうお猿さん。20代は相手の様子を伺いながら。30代は相手を労り諦めることも覚える(キレた時の女の怖さも知っているからか……)。もちろん、関係なく30代でもそれ以上でも“お猿さん”のままの人はいますが。そして、実は多かった「お願いしたことがない人」の理由は「精子処理みたいなことは頼めない」とのこと。意外と紳士はたくさんいるんですね!!

◎「クンニDAY」を作ってしまおう

 他方、「私は、フェラだけでもしてあげたい派」という女性もいます。こういう自発的フェラには、男性も素直に身を任せればいいと思います。が、男性はここで注意が必要! 女性側も最初は、(本当はフェラだけするなんてイヤだけど、それで彼に嫌われたら・・・・・・)という気持ちや、セックス出来ないことを申し訳なく思って(!!)い思いから、「フェラしようか?」と言い出しているのかもしれません。相手がそれを当たり前のように要求し始めると、いたわり、思いやり、愛情のつもりだったものが怒りや悲しみに変わり、「私って、精子処理する道具なの?」となってしまうパターンもあるように思います。ということで、彼女から発信がない限り、生理中の数日くらい我慢せい、ということですね。

 「フェラをして彼が喜んでくれるなら、それでいいの♪」な女性ならいいですが、私のように生理中も性欲が強い場合。フェラだけさせられ、こちとら置いてきぼりなのは非常に酷な行為です。例えば・・・・・・男性側の事情でティンコ使用禁止でセックスが出来ない期間があるとしましょう。その時に「クンニで逝かせて」と言われているようなもんです。どれだけ悶々しても勃起しても、それはノータッチなので我慢しなくちゃいけないのですよ。彼がフェラだけ要求してくることに嫌気がさしている女性は、彼にこれを説明し<クンニデー>を設けてみては如何でしょうか。そこで彼のティンコが反応しても、スルーして、一方的に快感を与えるためだけの苦しみを共有してもらっちゃいましょう。

(大根 蘭)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  16. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー