仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

性適合手術を受けたKABA.ちゃん、ダメ出しをする両親の言動に欠けていたモノ

kabachan0928.jpg
KABA.ちゃん公式プロフィールより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「私が変える」KABA.ちゃん
『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系、9月25日)

 タレントのKABA.ちゃんが、タイで性別適合手術を受け、帰国後、戸籍の性別と名前の変更を行った。9月25日放送の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)では、タイでの性別適合手術や、実家への帰省の様子に密着した。

 KABA.ちゃんの家庭は複雑である。番組では、KABA.ちゃんの両親は一度離婚して復縁したと放送していたが、『私の何がイケないの?』(TBS系)において、本人が「2回離婚して、3回結婚している」と説明していた。KABA.ちゃんは離婚の理由を『グータンヌーボ』(フジテレビ系)で、「母は酔うと簡単にオトコについていっちゃう」と説明し、そのほかのバラエティ番組でも、オトコと駆け落ちして、別れたら帰って来る生活をしていたと話していた。父親は仕事で家を空けることが多く、小さい子どもたちだけで生活していたそうだ。今の時代の基準でいうなら、完全に育児放棄だろう。

 『ザ・ノンフィクション』で、両親はKABA.ちゃんの好物の料理を作って出迎える。しかし、会話はかみ合わない。父親は「(性別適合手術をしたのは)何か魂胆があってしたことなのか」と理解のなさを露呈し、母親は「声は変えなくてもよかった」を2回繰り返して、「女性になった以上、女性としてテレビに出ないといけない」と、ダメ出しばかりである。

 確かにおネエタレント的(イケメンがいたらベタベタ触る、男性的な声でねっとり抑揚をつけたしゃべり方をする)な芸風はふさわしくなくなるので、この指摘がまったくの見当はずれだとは言えない。しかし、両親がKABA.ちゃんに“共感”しないことが私には気になった。例えば、KABA.ちゃんがこれまでどれだけ自分の性について悩んできたかをわかろうとせず、はるばるタイまで行って大きな手術を受け、無事に帰って来れたことに対しても、「よかったね」「大変だったね」と苦労をねぎらうことをしない。身内だからこそ、率直に言えるのだと彼らは言うかもしれないが、それを言う権利があるのは、身内として保障すべき衣食住と愛情を与えた親なのではないだろうか。

 ところで、KABA.ちゃんを見ると思い出すのが、江角マキコである。

 以前、KABA.ちゃんが『私の何がイケないの?』に出演した際、父親がオネエタレントとして活躍するKABA.ちゃんについて「鳥肌が立つくらい嫌い」と発言したシーンが紹介された。それに対しKABA.ちゃんは、スタジオで対面した父親に「本当の父親じゃないのでは?」と爆弾発言をしたのだ。しかし、それを聞いた司会の江角は「親は子どものことを無条件に受け止めてあげたいもの」「お父さんはKABA.ちゃんのためにわざわざ飛行機に乗って来てくれたんだから、それが全て」と泣きながら、父親を擁護するような発言をしていた。

「頑張っても変わらない」と理解できた方が楽かも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク