おサムイ展開へ……

唐沢寿明&窪田正孝『ラストコップ』、5%台なのに映画化! 「大コケ必至」と苦笑の嵐に

1609_lastcop_1.jpg
『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)公式サイトより

 27日、10月から放送されるドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)の第1話完成披露イベントが行われた。そこで2017年の映画化も発表されたが、ネット上で「大コケしそう……」とネガティブな声が上がっている。

 同ドラマは、ドイツで制作されたドラマ『DER LETZTE BULLE』のリメークで、30年間昏睡状態だった刑事・京極(唐沢寿明)が、バディとなる若手刑事・亮太(窪田正孝)を翻弄しながら、現代で大暴れするという内容だ。

「2015年に『金曜ロードSHOW!』でepisode1が放送されて、episode2以降はHuluで配信されていました。episode1は12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と悪くない数字でしたが、今月『3週連続ラストコップ祭り』と銘打って放送された特別篇のプレドラマ(全3話)は、第1話が10.4%、第2話が5.9%、第3話が7.3%と悲惨な視聴率。主演の唐沢は、もうすぐ最終回を迎えるNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』での好演が話題になっており、窪田も若手の中で最も人気のある部類の俳優だけに、日テレもこの低視聴率にはあ然としているのではないでしょうか。映画化は事前に決定していたのでしょうが、客足が伸びるかどうか……」(芸能ライター)

 昨今、映画化連動の連ドラは少なくないが、失敗するケースは少なくない。

「昨年のEXILE・AKIRA主演『HEAT』(フジテレビ系)も、放送前に映画化が発表されましたが、全話平均4.1%の大爆死で、映画化は白紙に。また、7月クールの『神の舌を持つ男』(TBS系)は、最終回直後に映画化が発表されたものの、全話平均5.6%という結果で、映画の興行が不安視されています。そのため、『ラストコップ』映画化についても『やめときゃいいのに』『絶対大コケすると思う』など、苦笑まじりの声が噴出しているんです。ただ、たとえ10月スタートの本編視聴率が爆死しても、大掛かりな宣伝をして、しかも唐沢という大物を主演に起用しているだけあって、白紙にするのは難しいでしょうね」(同)

 同ドラマも、そうした失敗作の二の舞となってしまうのか。10月スタートとなる本編の初回視聴率に注目したい。

唐沢寿明のうざいところが全部詰まった作品

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー