『白い帽子の女』試写会レポート

好き勝手な“大女優”アンジーと中庸すぎるブラピ!? 夫婦の不和を描く共演映画『白い帽子の女』

shiroiboushi2_mini.jpg
湯山玲子氏

 ハリウッドきっての大物カップルとして知られたブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・ピットが破局の危機を迎えている。9月19日(現地時間)に、アンジーが提出した書類によると、離婚の理由は「和解し難い相違」で、養子と実子あわせて6人の養育権を求めていると報じられた。

 時を同じくして日本では9月24日から、2人が10年ぶりに夫婦役で共演する映画『白い帽子の女』が公開。あらすじはこうだ。70年代、結婚14年目のアメリカ人小説家のローランド(ピット)と、ダンサーとして活躍していた妻ヴァネッサ(ジアンジー)は、南フランスの浜辺にあるリゾートホテルをバカンスで訪れる。過去のある出来事によってローランドを拒絶し続けるヴァネッサだが、朝から酒を飲む夫との溝は埋まることなく、別々の時間を過ごしていた。そんなある日、新婚の若いカップルがハネムーンで隣室に宿泊。輝かしい2人に好奇の眼差しを向けるヴァネッサは、隣室との間にある壁の穴から2人の様子を覗き続けるのだが――。

 2014年夏にブラッド・ピットとハネムーンでマルタ島を訪れた際に、アンジーが監督と脚本、製作を務めて撮影した作品。2人の結婚生活をそっと見ているかのような感覚になる内容だ。

 9月14日の特別試写会では、著述家の湯山玲子氏によるトークショーが開催された。湯山氏ならではの切り口で、映画のこと、アンジェリーナ・ジョリー・ピットそしてブラッド・ピット、という俳優について語られたトークショーのハイライトを紹介したい。

MC 湯山さんは映画をご覧になって、「アンジーはすごい女優だなと改めて思った」とおっしゃっていました。その理由は、自分のことをちゃんとブサイクに見えるように撮っているからだそうですね。

湯山玲子氏(以下、湯山) そう、アンジーがちゃんとブスに見えるからね。そこがすごく重要で、 この映画の売りは“ブランジェリーナ”というカップルじゃないですか。それが一番の宣伝文句なんですが、その2人が新婚旅行で撮った作品となると「あららこれはちょっと痛いぞ」となりそうなところですよね。ほら、人間ってお金持ちになると、(感覚が)鈍りますからね。好きなコトして、周りにイエスマンしかいなくて、褒められてばかりになっちゃう。だからどんな映画になってるんだろうと思ったら、逆に意欲作と言うか非常にアートに振っていて驚きました。ジョン・カサヴェテス(※1)へのオマージュ丸出しですよね。アンジーは大女優になりたいんじゃないかな。

(※1)1929年12月9日―1989年2月3日。「インディペンデント映画の父」の異名をとるアメリカ人映画監督。人間の普遍的な感情、心の機微を描き出した作品は、ハリウッドやインディーズの垣根を越え、世界の監督たちに影響を与えている。

MC カサヴェテスの奥さんはジーナ・ローランズという女優で、彼女を主演にした『こわれゆく女』という映画を撮っています。アンジーはまさにその奥さんのジーナ・ローランズにこの『白い帽子の女』を見てほしいということで、プレミアに呼んだそうです。湯山さんがおっしゃる通り、もろに影響を受けていますよね。

湯山 そうそう。この作品は、アンジーの顔をずっと映していますよね。表情だけで持たせている。ネタバレになっちゃうけど、妻ヴァネッサはある過去を抱えていて、しょうがないないなということがわかるわけですけど、この人かなりおかしい人でしょ? それまで理由はわからないけど表情の影を追っていくんですけど、これはジーナ・ローランズが得意としたことですよね。人間の表面だけでなく奥底の真相みたいなものを、表情ひとつでこちらに感じさせる。つまり絵画みたいなもんだよね。こっちが勝手に感じ取っていくわけですから、それに挑戦していますよね。

 あんまりジーナ先生とくらべるのもな……という感じですけど、ハリウッドで活躍するアンジーのイメージがあるから、それを消すのに映画の前半を使ってるんじゃないかな。でも結果的にイメージを消すことに成功してますよね、完全に。

MC やっぱりアンジーと言えば、『トゥームレイダー』のイメージがありますからね。

湯山 そうそう。あと「国連」っていう感じ。アンジー、イコール国連っていうイメージを背負っているからね。キムタクが映画に出るのが大変なのと同じというか。

MC 何を演じてもキムタク、みたいなことを言われちゃいますよね。

湯山 そうだよね。でもこの作品に関しては、私はそうは思わなかったです。今回は“顔力”がすごいですよね。

 あと、アンジーがお風呂に入っているシーンで、ヌードになっていましたけど、すごく痩せてるじゃないですか。あのゾッとする綺麗さっていうのは、男にとってはちょっとブリジット・バルドー(※2)みたいな感じかもしれないですよね。フランスの小説家で映画監督のマルグリット・デュラス が「ブリジット・バルドーは男にとって悪夢だ」って言ってましたけど、そんな感覚だよね。バルドー感と言うか、ほんと綺麗だもんね。ハリウッド女優なんだけど、圧倒的なファムファタール(魔性の女)だよね。『17歳のカルテ』のときに、手首の傷が似合いそうな、線の細いキリキリした感じの人だなぁと思ったんだけど、きっとそれがこの人の本質かもね。

(※2)1950年代に活躍したフランスの女優。セックスシンボルとして称えられ、「フランスのマリリン・モンロー」と形容されることもある。私生活では“悪女”と呼ばれることもあり、波乱に満ちた人生を送ったことでも知られている。

Mr.
初共演から11年

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク