一発屋AV女優に?

坂口杏里、AV撮影後の異変にスタッフ困惑!? 第2弾発売も「お先真っ暗」なワケ

2015sakaguchia.jpg
『坂口杏里/Anrimited』/イーネット・フロンティア

 10月のAVデビューで話題を集めている坂口杏里だが、すでに第2弾が制作されていると22日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)が伝えた。第2弾は「当初から織り込み済みだった」(AVメーカー関係者)というが、肝心の売り上げは、絶望視されているようだ。

「第1弾はややソフトな内容になっており、“イメージビデオ”といわれるビデオに近い内容だそう。いわば“お披露目”的な意味合いが強いんでしょうね。そして、第2弾ではしっかり“本番”行為まで行われているとのことです」(同)


 有名タレントのデビュー作とあって、こういった仕掛けを用いるのはごく当たり前のことで、第1弾は話題性も高いため、売り上げは「そこそこ伸びるだろう」(同)というが……。

「男性人気が高いタレントではなかったので、果たして第2弾はどこまで伸びるか。メーカーが、契約金といわれる1億2000万円を回収できるかといえば、甚だ疑問です」(同)

 すでに通販サイトなどでは、第1弾の作品『What a day!!』の予約画面もアップされているが、発売前からレビュー欄には「元カレ(小峠英二)をネタにするのか」「悲惨さしか感じられない」など、総スカンの書き込みが寄せられている。

「それに加えて、坂口本人のメンタル面の不調も、売り上げ不振につながりかねません。元SKE48の鬼頭桃菜こと三上悠亜や、高崎聖子から改名した高橋しょう子は、雑誌のグラビアページやイベントなどでファンに姿を見せる機会も多く、いまやAV業界でトップクラスの売り上げを築いている。しかし坂口は、撮影後からスタッフですら本人と接触しづらい状況で、今後とても発売記念イベントを開催できるとは思えない状態だそう。関係者も困惑しているといいます。このままでは、せっかくAVデビューしても、単なる一発屋として消えてしまうでしょうね」(アダルト誌記者)

 一部では金銭難から、風俗店勤務説も伝えられている坂口。AV界でもお先真っ暗といわれる現状を打開することはできるのだろうか?

小峠がこっそり複数買いしてたら泣くわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ムショ飯はうまいのか?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!