のびのび☆小陰唇ストレッチ 大きな花びらで攻めのビューティ

 人類がまんこに加えてきた、美白・脱毛・装飾などなどの“まんこカスタマイズ”の歴史をふりかえる連載「まんこカスタマイズAtoZ」。今回は、「小陰唇ストレッチ」のお話です。(連載・全10回予定)

 まんこにも、トレンドがあるんです。まんこにスタンダードはないんです。

 「小陰唇」……内側の小さいビラビラの正式名称。これで検索すると、どこもかしこも、小さくする手術の話しかしていないのがわかります。大きな花びらも小さな花びらも、それぞれに美しいはずなのに――小さく咲くことがトレンドとされる社会的プレッシャーのもとで、切り落とされた花びらはいったいどれほどになることでしょうか。

 小陰唇は、まさに花です。普段は閉じていますが、性的に興奮すると、色鮮やかにふくらんで開きます。そんな小陰唇が大きいのは美しいことだ、と感じる人々もいるのでは? と思って調べたところ……やっぱり、あったんです。

大きいことはいいことだ! アフリカ伝統・小陰唇ストレッチ

 ラビア・エロンゲーション――現地語で「ククナ・イミチノ」。ルワンダやコンゴ共和国など、アフリカ中部の国々を中心に行われてきた、小陰唇を大きくするための伝統的手法です(※1, 2)。……というとなんか難しいことするのかと思いますが、具体的にはこんなことをします。

・引っ張る。
・重りをつけておく。

 シンプルです。重りはともあれ、引っ張るだけなら簡単にマネできそうですね。この引っ張る手法を、ラビア・ストレッチング……小陰唇ストレッチと呼びます。肌を柔らかくするため、伝統的には薬草を、近年はワセリンを使うこともあるそうです。

 この習慣は、西洋の学者たちの記録を頼れば、17世紀ごろにはすでに存在したと考えられます。こちらは、19世紀、南アフリカのコイサン人の女性たちの写真です。

 古い写真なので少しわかりにくいですが、ちょこん、って花びらをのぞかせているのがおわかりいただけると思います。個人差はありますが、大きさとしては前から見ても見えるくらい大きく、だいたい根元から10センチメートル前後まで育てることを目指しての小陰唇ストレッチが行われてきたそうです。

 そもそも、なぜ大きくするのかっていうと……

小陰唇は大きい方がいいと考えられた理由

 まぁ、簡単に言えばそれがトレンドだからです。現代の日本で「小さい方がいい」っていう声のほうが大きいのと同じように、アフリカでは「大きい方がいい」っていう声が昔から大きかったからそうされてきた、ってことですね。

 では、「いい」とは、誰にとっての「いい」なのでしょうか?

 それが女性器の持ち主自身のためなのか、そうでないのかということは、まんこカスタマイズを考えるにあたっての永遠のテーマです。もちろん人それぞれでしょうが、だいたいアフリカの小陰唇ストレッチの場合は、「お互いのため。小陰唇は大きい方がセックスの時に気持ちいい」ということで行われてきたといいます。男性だけでなく、女性の快感のためにも、ということですね。また、美の観点からも、小陰唇ははみ出している方がセクシーだとされてきました。

 ザンビア共和国でジェンダーに関する課題に取り組む、チャンダ・カトンゴさんの調査(※3)によれば、小陰唇ストレッチを受けた人々はこんなふうに語っているそうです。

「(大きな小陰唇は)アクセサリーのようなもの」
「自信の源、私の誇り」
「彼も私も気持ちいい」

 小陰唇ストレッチを受けた人々が、そのことにプライドを持てる、そのおかげで性的快感を得られるというならば、それは文句のつけようもないことでしょう。

 ところが、中にはこんなふうに告白する人もいます。

「小陰唇ストレッチを受けないと結婚できないと言われ、小さいころから女性親族に小陰唇を引っ張られて育った」
「小陰唇がうまく育っているかのチェックと称して、叔母に何度も女性器を調べられた」
「小陰唇ストレッチは彼の浮気防止のため」
「痛かった」

 痛いんだ。そう思って引っ張ってみましたが、確かに痛いです。やさしく引っ張ったとしても、なんていうかイヤな感じですね。小陰唇をお持ちでない方にお伝えするならば、「舌を引っ張られる」みたいな感じでしょうか? まぁ、人間、美のためなら耳たぶに穴を開けたりもするので、「おっきくしたーい!」と思っている人は小陰唇ストレッチも全然耐えられるのでしょうが。

 それにしても。大好きなパートナーにプレイの一環としてやられるならともあれ、「やらないと結婚できないよ!!」とか言われながら親戚に引っ張られる小陰唇ストレッチとか、地獄。地獄でしかない。そんなことを無理矢理やられようものなら、私なら蹴りますね。鼻を。

そうさ まんこは 世界に一つだけの花

 ひとりひとり違う小陰唇を持つ私たちは、その花を咲かせることだけに一生懸命になればいいのではないでしょうか。小さい花が美しい、と日本や西洋諸国では言います。大きい花が美しい、とアフリカでは言います。そんなものは単なるトレンドでしかありません。ところ変われば、時代が変われば、簡単に移り変わってしまう不確かなものです。

 「大きく咲かせたいな」って小陰唇ストレッチをすることも、「小さく咲かせたいな」って小陰唇縮小術を受けることも、ひとりひとりの自由でしょう。ただ、「そうしないと結婚できないよ」「そうしないと気持ちよくない」などと、他人が人の体をどうするかに口を出すことは、相手を意志ある個人として尊重しない無礼な態度です。

 小陰唇ストレッチの習慣は、現代にも続いています。これについてはアフリカ内外の研究者が、医学・社会学・文化人類学ほか様々な観点から研究を重ねており、少なくとも「小陰唇ストレッチ=悪」とか「小陰唇ストレッチ=善」とか一概に断じるような声はあまり上がらなくなってきました。悪いのは小陰唇ストレッチそれ自体ではなく、それを強制することだ、というわけですね。

 のびのびしても、きゅっとしても、そのままでも。

 自分の花をどう咲かせるかくらい、自分で決めていきたいものですよね。

【参考文献】

※1……Annalissa Bertoletti et al. “Stretching of the Labia Minora and Other Expansive Interventions of Female Genitals in the Democratic Republic of the Congo (DRC)”, 2010 http://link.springer.com/chapter/10.1007%2F978-90-481-9446-9_13
※2……Marian Koster, “Rwandan female genital modification: Elongation of the Labia minora and the use of local botanical species”, 2008 http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13691050701775076
※3……Chanda Katongo, “Elongation of the Labia Minora: A Violation of women’s bodily autonomy”, 2014 http://www.osisa.org/buwa/regional/elongation-labia-minora-violation-women%E2%80%99s-bodily-autonomy

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク