「とにかくツラい…」紗倉まなが密かに困っている“セックス中の男性の言動”

この世に完璧な人間なんていないなんてことは心の中でよぉくわかってはいるものの、自分が抱いている“理想”を無意識のうちに相手に求めてしまうのが人間の性。それは内面的なことや外見的な魅力云々のことだけではなく、もちろんセックスにおいても同じことが言えるのではないでしょうか。

 “痘痕も靨(あばたもえくぼ)”なんていう言葉の通り、好きだからこそ許される短所もあるけど、相手に多少の不満が芽生えたら(もしくは大して好きでもない人の不完全な部分なんて)悪いけど、もう気になって気になって仕方ないのだよ……! 私だってそりゃ「最高の女だった」って思われるような、とんでもなく思い入れのある、情熱的で、相手にとって欠点のない素晴らしいセックスをしてみたいけど。それでも、自分のことを棚に上げてでも、相手に言いたい不満ってやっぱりあるんです……(男性の皆さま、なんかごめん……)。

 例えば、長く付き合っていると起こりがちな“セックスレス”だってそうだし、セックス中に「え、なにこれ?」って気になる言動もそう。女性用の風俗なんて少ないし、男性に比べれば手軽に利用できないからこそ、女性の性の不満はなかなか解消しにくかったりするのではないでしょうか。

 逆に男性は、女性に対してセックス中にどんな不満を抱いているのだろう……と疑問に思いネットを見ていたところ、「男性が密かに思っているセックス中の女性の困った特徴5選」なんてものがあげられておりました。簡単にまとめると、

・完全消灯を要求される
(あんまり明るいところだと、肌とか化粧とかも鮮明に見えてちょっと恥ずかしいし、アルコールでも注入していない限り集中できないよね……)

・薄目を開けてこっちをちらちら
(繰り返す、このチラリズム……)

・両手であそこをふさいで見せない
(そうは簡単に御開帳しないんだからね!)

・動物のような豪快な喘ぎ声
(これは私にも思い当たる点が……)

・失神して爆睡
(うん、眠かったんだね)

 なんてラインナップでございました。最初の3つは「日本の隠す文化」を明確に象徴しているような、恥じらう淑女っていう感じ。てっきり男性的には好印象なのかと思っていたけど、意外と不満に思われがちなのね……勉強になります~。恥ずかしいっていう感情は大事なのにな~って思ってしまうのは、もう恥じらいなど遠い彼方に置いてきてしまった私にとって、なんとも羨ましい“女性の抵抗”だからかもしれません。

 後半の「豪快な喘ぎ声」「失神して爆睡」という、欲望に忠実な何ともダイナミックな行為。これはもう、手に取るようにわかるよ……。この結果は、前半3つは「女性特有の“セックス中の演出”を意識している人たち」で、最後の2つは「欲に忠実な人たち」。これもどちらが良いとか悪いとかっていうのは、男女間の相性も加味されるだろうし、意識すれば治せることも多いような気がします。

◎紗倉だって困ってるんですよ

 ではでは。「それなら私だって」と世の殿方に言わせてもらいたい。もう、ただ言いたいだけになっているけど、言いたい。言わせてプリーズ。ということで、「もし私が男性に対して抱くちょっと困った特徴を5つ選んだとしたら」。それがこちらだ、ワン・ツー・スリー!

・手マンした後にさりげなくシーツ (もしくはマイボディー)に指をなすりつける
(うまく切り抜けたと思っているかもしれないが、ばれているんだよっ!)

・結局なんとなく騎乗位に持っていこうとする
(足腰痛くなるからなるべく避けようとして、最後は攻防戦になるやつ)

・汗の目薬
(相手が覆い被さった時に、とんでもなく垂れてくる汗。これ、お化粧は落ちるし、目に入って痛いですよね。汗は嫌いじゃないけど、目薬は染みるぜ~)

・ろくにクンニもしてくれないくせに要求されるフェラ。
(もどかしくてツラい)

・ろくにクンニもしてくれないくせに要求されたフェラ中の爆睡。
(とにかくツラい)

 とりあえず「楽して気持ち良くなりたい」っていう男性側の願望というか惰性が垣間見えた瞬間に、心も欲望も風船がしぼんでいくみたいに萎えてしまうんですよね……。ここを戦場だと思ってよ! 釣った魚だって、ちゃんと調理しないと美味しくならないんだぞ! ふぁっきゅん! って言いたい気持ちはやまやまだけど、空気は壊したくないしなあ……と葛藤する時間って、一体何なんでしょうか……。言いたいのに言えないあの感じ……。

個人的には、クンニってセックスにおけるひとつの醍醐味だと思っていて、男性がフェラを当たり前のように要求する中で、クンニってすごいおざなりにされることが多いじゃないですか。あれ、絶望の闇に包まれるくらい悲しいですよね。もはや困っているというよりはただの不満なだけのような気がしてきましたけど、困惑も不満も表裏一体っていうことでいいかなぁ……(白目)。

 完全に私の持論ですが、女性にモテてきた男性や、ネットで簡単にエロ動画が見れて性欲の発散のはけ口に困ったことがない、文化の恩恵を受けて過ごしてきた男性ほど、性に対する執着や女性を喜ばせてあげようとする奉仕の心が欠けているように思えるんですよね。そして私は、そういう「困ったことがない男性たち」にとても困っている……。毎日クンニしてくれるっていう確約がもらえるなら、私もダイソン並のバキューム力でフェラができるようにペットボトルを毎日咥えて練習するし、騎乗位マスターになれるくらいスクワットして足腰だって鍛えるし、アクロバティックな体位のリクエストに応えるように腹筋ワンダーコアだって愛用して頑張るよ。

 お互いウィンウィンになれるセックスが一番いいよ。だから、クンニはとことん大事だよ……。そう、今回言いたかったのはこれでした。あ~クンニされたいな~。

■ 紗倉まな
高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク