今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

『渡る世間は鬼ばかり』の旋律に、天童よしみが歌を乗せたことの意味

『渡る世間は鬼ばかり』の旋律に、天童よしみが歌を乗せたことの意味

 大変だ! 『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の曲に歌詞がついたぞ!   数年に一度、脚本家・橋田壽賀子センセイご存命のお印として放送される、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』スペシャル。あの替え歌作り放題の、おなじみの旋律に歌が。「渡る世間はおーにー、ばかりっだけどー」か。歌手こそ天童よしみだったが、歌詞超テキトーでやんの。特別感というより「やっかい払い」の感がより強まった印象。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『渡る世間は鬼ばかり』の旋律に、天童よしみが歌を乗せたことの意味のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!