芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

2014mrsmap.jpg
「稲垣メンバー事件」から薄々気づいてたよね?

 SMAPの解散発表による大騒動も落ち着きを見せ始め、通常運行に戻りつつあるというジャニーズ事務所。しかし8月の解散発表は1月の分裂騒動とは「大きな違いがあった」と、テレビ局関係者の間で話題になっているという。

「1月と8月での一番の違いは、ジャニーズ事務所からの“注文”、つまり圧力がほぼ皆無だったという点です。1月にメンバー内分裂が表面化した際、ジャニーズ側は『スポーツ紙に書いてあることが全て』としか説明せず、それ以上の情報をテレビでオンエアすることは不可能だった。ところが、8月以降はそういった要請が一切なく、独自の視点でオンエアできる状態となっているんです」(地方局プロデューサー)

 分裂騒動時は、木村拓哉以外のメンバーがジャニーズからの離脱を考えたものの、結局5人は残留する形で一旦の決着をみせた。

「『木村の説得が功を奏し、グループは元サヤに納まった』というのが、ジャニーズが描いたストーリーでした。御用達のスポーツ各紙は、これに準じた記事を各社横並びで報じ、各情報番組も編成局から『放送ではスポーツ紙をなぞれ』と指示されていたんです。しかし、SMAPファンの間では、これらがジャニーズの“情報操作”だとする書き込みであふれ返り、スポーツ紙を読み上げてばかりの番組に対しては、視聴者から『なぜウソばかり取り上げるのか?』とクレームが殺到しました」(同)

 この状況に危機感を覚えたのは、ほかならぬジャニーズサイドだったようだ。

「もともとジャニーズは、ネットに書いてある情報は“完全無視”のスタンスでした。たとえ真実が書かれていても、より多くのファンが信じるのは、テレビやスポーツ紙など、自分たちの息がかかったメディアの方だと決めつけていたのでしょう。しかし、現在木村が、ネット上で“裏切り者”と指摘され、またメリー喜多川副社長が“戦犯”扱いを受け、それが大勢を占めていることで、ようやくマスコミに圧力をかけることが無意味であることに気付いたようですね。つまり、ファンの抗議がジャニーズの体質を変えたというわけです」(同)

 8月の解散発表時には、この傾向がより顕著になったという。

「これまでジャニーズと蜜月関係を築いてきたレポーターや記者も、事務所に寄り添う態度は取らず、ファンの声を代弁するかのような発言をするように。当然、メンバーや事務所を悪者にするような内容・構成はできませんが、少なくとも以前までのような、ジャニーズに気を使いながら、といった雰囲気は一切なくなりました」(別の地方局スタッフ)

 マスコミ内では当たり前のことだったジャニーズからの圧力だが、意外な形で力を失いつつあるようだ。SMAP解散までの残された期間に、こうした状況はさらに改善されていくのだろうか?

『SMAP 25 YEARS(初回限定仕様)』 守ってもらえなくなった分、ジャニタレも気を引き締めて amazon_associate_logo.jpg

【このカテゴリの前後の記事】

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!