SMAP25周年記念ベストアルバムに「裏切り者の声入れるな!」、収録曲ファン投票で“キムタク排除”の動きか

smap0817.jpg

 年内をもって解散することを発表したSMAPが、CDデビュー25周年記念のベストアルバム『SMAP 25 YEARS』(ビクターエンタテインメント)を12月21日にリリースすることが明らかに。3枚組CDに収録される約50曲は、ファンのリクエスト投票で決定するという。

 現在、ビクターエンタテインメント公式サイト内に特設ページが設けられ、SMAPがリリースしてきた全楽曲から投票が可能。受付期間は21日から10月4日まで。1回につき1曲を投票できる。

「ファンが参加できるようなデビュー25周年記念企画は、現段階ではこれのみ。アルバム制作にメンバーが絡む可能性は低く、レコード会社の“企画もの”の域から脱しないとして、ファンも複雑。『やっぱり、メンバーはノータッチか』『もう、新曲は出ないんだな』『卒業ソング、ちょっと期待してたんだけど』といった声が上がっています」(芸能記者)

 それでも、SMAPの最後の置き土産となるかもしれないベストアルバムだけに、ネット上では、どの曲に投票しようかと悩むファンや、すでに「複数回投票した」との報告も。誰でも手軽に投票できるシステムのため、締め切り後には総投票数が話題となりそうだ。

 そんな中、“SMAPの裏切り者”などと揶揄されているメンバー・木村拓哉の歌声を排除しようとする、ある提案が浮上している。

「一部ファンの間で、木村が参加していない曲に投票する動きがあるようです。SMAPのほとんどのアルバムには、メンバー数名が歌唱する“コンビ曲”や“トリオ曲”が収録されている。それらをベストアルバムに収録することで、メンバーを裏切った木村や、ほかの4人を公開処刑したジャニーズ事務所に少しでも抵抗したいのでしょう」(同)

 しかし、これまで55枚のシングルをリリースし、400以上もの楽曲を発表してきたSMAP。一部の“アンチ木村”ファンの意向が、反映される可能性はあるのだろうか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク