"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第333回】

高岡早紀&松坂桃李の「密会」報道、いくつもの“謎”とマスコミスルーが意味する「ウラ」

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

takaoka-matuzaka.jpg
「女性セブン」9月29日・10月6日合併号(小学館)

 本日発売の「女性自身」を買いにちょっと離れたコンビニに。帰ってきてびっくり。最新号ではなく1カ月も前の夏の合併号だった。なぜ? このコンビニには「自身」はこの1冊だけだったため、疑わず確認もしなかった私もバカだが、それでも愕然。近所のコンビニで買い直したが、コンビニでの雑誌の扱い、つまり“商品価値”が低くなっている証左なのか。いやはや、驚いた。

第333回(9/15~20発売号より)
1位「高岡早紀 松坂桃李 密会スクープ『僕はあなたを困らせたい』」(「女性セブン」9月29日・10月6日合併号)
2位「高畑裕太 『49才といわれる被害者女性』あの夜の因縁」(「女性セブン」9月29日・10月6日合併号)
3位「『甲状腺検査は必要ない』の仰天! 福島母たち届けられた県通達への憤怨」(「女性自身」10月4日号)

 魔性の女といわれる高岡早紀が、16歳年下のイケメン人気俳優・松坂桃李と熱愛!?

 生々しいセックスシーンが話題となった舞台『娼年』。この舞台で共演した高岡と松坂が実生活でも急接近、密会を繰り返しているというのだ。これを報じた「女性セブン」によると、2人は8月に都内の韓国料理店で“密会デート”を楽しみ、意味深な会話を繰り広げていたという。

 記事にはあまりに詳細な2人の会話が再現されている

<高岡「楽しい? 私は楽しい。今日ご飯食べるの楽しみにしてたよ」 
松坂「楽しいよ、もちろん」>

 さらに記事には演劇論などに続き、個人的な関係を匂わす会話があったことも紹介されていく。

<高岡「普通にいちばん困るのは年齢…」>
<松坂「俺は思わない。一緒にいて楽しいし…うん、思わない。個人的には思わないけど、もしそうなら俺が年齢を重ねればいいのかなって」 
高岡「でもそうしたら、私も年齢を重ねるんだけど…困るよ、本当に」 
松坂「困ればいいよ。俺はあなたを困らせたい」>

 確かにこの会話はどう考えても“大人の関係”にある2人のものだ。

セブンは週刊ポストと同じ人が作ってるんだなー

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー