読んでほしいの最終段落のみ!

来日したトム・ハンクス、老舗そば店での自撮りが日本になじみすぎていると好評!

tomuhankusu.jpg
戸田のなっちゃんは同行しなかったのかしら?

 『フィラデルフィア』(1993)、『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)、『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)などの大作映画の主演を務め、還暦を迎えてもハリウッドの第一線で活躍し続ける名優トム・ハンクス。日本でもうすぐ一般公開される『ハドソン川の奇跡』でも、主役を熱演している。

 『ハドソン川の奇跡』は、09年にニューヨークで実際に起こった旅客機事故を題材に、クリント・イーストウッドが監督した話題作。制御不能に陥った旅客機をハドソン川に不時着させ、乗客乗員の命を救って「英雄」と持ち上げられたものの、疑惑がかけられ殺人未遂容疑者になってしまった機長の過酷な運命を描いた作品で、9日に一般公開されたアメリカでは2週連続して全米週末興行成績トップに。トムは、この役で3度目のアカデミー賞を獲得できるのではないかと期待されている。

 そんなトムが共演者のアーロン・エッカートと共に、作品のプロモーションのために14日に来日。15日に開催されたジャパン・プレミアで、スペシャルゲストとして登場した歌舞伎俳優の市川海老蔵から名前入りちょうちんをプレゼントされ、「アーロンの方が字が多いな」と言いながらも大喜び。「日本のジェームズ・ボンドだね」とべた褒めした海老蔵のスマートフォンでツーショット自撮りに応じるなど、終始ご機嫌だった。

 16日には、ザ・リッツ・カールトン東京で行われた記者会見に出席。『ハドソン川の奇跡』の旅客機に実際に乗り、事故に遭った日本人と対面し驚いたり、上映されたクリントのビデオメッセージを見てジョークを放ちつつも撮影秘話を語り、会見を大いに盛り上げた。

Tom Hanksさん(@tomhanks)が投稿した写真

 トムとアーロンはほかにもマスコミの取材を受け、多忙なスケジュールをこなしていったのだが、そんな中、夕食に「神田まつや」という老舗そば店を訪問。隣の席にいたほろ酔い気分のサラリーマンのおじさんたちを中央に入れ自撮りをし、SNSに投稿したのだ。おじさんたちは、手を上げたりピースをしたりと、ニコニコ上機嫌。トムもうれしそうな表情で写真の中に収まっており、たちまち40万を超える「いいね!」が集まった。

 実はトム、タイプライター収集家としてだけではなく、近年は「自撮り大好きセレブ」として知られている。堅い役を演じることが多いトムだが、実はとてもチャーミング。自撮りがブームになった時も、すぐに飛びついたのだ。13年には、米映画芸術科学アカデミー協会主催の「ガバナーズ・アワード」で、名誉賞を受賞した俳優スティーヴ・マーティンのプレゼンターを務めた際、受賞スピーチを始めたスティーヴの横に忍び寄り、おどけた顔でツーショット自撮りをし、話題に。

表情の作り方のうまさより、人柄が出るってことですよ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー