サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』常子、3世帯住居を建てるも母が病に――最終回への“駆け足”展開に視聴者混乱

ark160913.jpeg
『とと姉ちゃん メモリアルブック』(NHKサービスセンター)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■9月17日(土)/144話~9月20日(火)/146話
 144話では、前話で再登場した常子たちの叔父・鉄郎(向井理)の現在の暮らしぶりが描かれたが、あっけなく新潟に帰ってしまう。ネット上では、「もう終わり?」「再びの鉄郎ロス……」「もう少し見ていたかった」など、悲しみの声が上がり、「次はとと(西島秀俊)登場か?」という臆測が飛び交った。

 145話では、冒頭のナレーションで、常子が3世帯の大きな家を建てたことが紹介された。いきなりの展開に、視聴者からは「大切なことをナレーションだけで済ませるなんて」「時間の流れが早すぎる」「終盤にかけて飛ばしすぎ」など、話の進め方や早すぎるストーリー展開に非難ごうごう。さらに、何年も過ぎたわりには、常子たちの容姿が変わらないことに対し、「演出も雑」と手厳しい意見が相次いだ。

 この回では、常子たちの母・君子(木村多江)が、がんに侵されていることが判明。これについてもナレーションでの説明だったため、「もしかして、亡くなることもナレーションで終わらせる気?」と、今後に不信感を募らせた視聴者もいたようだ。

 146話では、母・君子の病状が一気に悪化。「今週は泣くかも」「かかロスになりそう」という声が聞かれる一方、「年月が過ぎるのは早いけど、物語は面白くない」「淡々としていて寝てしまいそう」という意見もあった。

 「週間朝日」(朝日新聞出版)9月23日号には、「事実と物語がかけ離れてすぎている」という内容の記事が掲載され、NHKと当時を知る人との間に生まれた確執についても触れられている。残すところ、2週間を切った『とと姉ちゃん』。最終回に向けて、今度はどんな人物が登場するのか、どこまで話は進むのか、視聴者の期待は膨らむばかりだ。

家を建てるって一番の見所じゃないの!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  5. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  6. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  7. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  12. テレビとギャップありなジャニーズ
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. GENKING、元カレ質問で大失態
  16. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  17. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  4. テレビとギャップありなジャニーズ
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. カニエ、親族にゆすられていた