サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』常子、3世帯住居を建てるも母が病に――最終回への“駆け足”展開に視聴者混乱

ark160913.jpeg
『とと姉ちゃん メモリアルブック』(NHKサービスセンター)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■9月17日(土)/144話~9月20日(火)/146話
 144話では、前話で再登場した常子たちの叔父・鉄郎(向井理)の現在の暮らしぶりが描かれたが、あっけなく新潟に帰ってしまう。ネット上では、「もう終わり?」「再びの鉄郎ロス……」「もう少し見ていたかった」など、悲しみの声が上がり、「次はとと(西島秀俊)登場か?」という臆測が飛び交った。

 145話では、冒頭のナレーションで、常子が3世帯の大きな家を建てたことが紹介された。いきなりの展開に、視聴者からは「大切なことをナレーションだけで済ませるなんて」「時間の流れが早すぎる」「終盤にかけて飛ばしすぎ」など、話の進め方や早すぎるストーリー展開に非難ごうごう。さらに、何年も過ぎたわりには、常子たちの容姿が変わらないことに対し、「演出も雑」と手厳しい意見が相次いだ。

 この回では、常子たちの母・君子(木村多江)が、がんに侵されていることが判明。これについてもナレーションでの説明だったため、「もしかして、亡くなることもナレーションで終わらせる気?」と、今後に不信感を募らせた視聴者もいたようだ。

 146話では、母・君子の病状が一気に悪化。「今週は泣くかも」「かかロスになりそう」という声が聞かれる一方、「年月が過ぎるのは早いけど、物語は面白くない」「淡々としていて寝てしまいそう」という意見もあった。

 「週間朝日」(朝日新聞出版)9月23日号には、「事実と物語がかけ離れてすぎている」という内容の記事が掲載され、NHKと当時を知る人との間に生まれた確執についても触れられている。残すところ、2週間を切った『とと姉ちゃん』。最終回に向けて、今度はどんな人物が登場するのか、どこまで話は進むのか、視聴者の期待は膨らむばかりだ。

家を建てるって一番の見所じゃないの!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『とと姉ちゃん』常子、3世帯住居を建てるも母が病に――最終回への“駆け足”展開に視聴者混乱のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! とと姉ちゃん・ドラマレビュー・女優のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 愛子さまの“激やせ”写真の波紋
  2. 小野賢章、天狗発言で悪評噴出!?
  3. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  4. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  5. 月9視聴率5%招いた3つの要因
  6. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  9. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  10. 『べっぴんさん』最恐キャラ登場
  11. 親の七光りだと思う若手二世タレント
  12. 櫻井ファンを疑心暗鬼にさせた、小川アナの1枚の写真
  13. テレ朝を剛力彩芽が起用し続けるワケ
  14. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  15. 堀北真希、引退劇の唯一の汚点
  16. 堀北真希“引退会見”を拒否してた!?
  17. 藤ヶ谷、4月期フジ日9ドラマ出演
  18. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  19. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  2. 『VS嵐』好調の裏に謎の降板劇?
  3. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  4. NEWS・小山の交際疑惑女性、事務所解雇に
  5. 嵐・櫻井翔、結婚はない?

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 東村『ヒモザイル』炎上3つの理由
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る

海外ゴシップの人気記事

  1. アカデミー賞でもジミーVSマットは健在
  2. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  3. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  4. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ
  5. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!