すでに風化か

社長令嬢、籠の鳥、家庭への憧れ……関係者や同級生が語る夏目三久の意外な素顔

natsumemiku_hakugirl_mini.jpg

 夏目三久が有吉弘行と交際中で、すでに妊娠し、来年3月には『あさチャン!』(TBS系)を降板するという記事を、日刊スポーツが一面で報じたが、本人たちも事務所も全否定。すると、週刊誌やネットニュースサイトが反論記事を報じ、参戦。どちらも引かないこの騒動だったが、結局、なんだったのだろうか。一気に加熱し、夏目や田辺エージェンシーの内部情報が盛んに報じられた理由を、テレビ関係者は次のように説明する。

「業界内……特にTBS内部で、夏目三久や田辺エージェンシーへの反感が強いからです。たとえば、田中みな実がTBSを辞めたのは、朝の帯番組『あさチャン!』のMCが夏目に決まったから、と言われています。キャリアや実力があるアナウンサーやタレントが務めるなら、田中も納得したでしょう。しかし、夏目は日本テレビ入社2年目に、コンドーム画像が流出して干され、フリーになってからもキャリアはほとんどない。そういう人間が、田辺エージェンシーの威光を借りて、MCになるのは、根が真面目な田中には耐えられなかったのでは」

 仕事は順風満帆、今後は女優業にも進出するという報道もあった夏目。事務所からの期待も大きかっただろう。『あさチャン!』のスタート時は、夏目はシティホテルで暮らし、宿泊料は事務所が負担していたといわれている。

「かつてはたくさんのタレントを抱えていた田辺エージェンシーですが、今は数も少ない。優秀なマネジャーが田辺社長と喧嘩して辞めて以来、俳優やタレントを育てる力がないともいわれています。そんな中、夏目さんは田辺さんがうまく育てたので、思い入れもあったはず。また、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)がなくなった現在、『あさチャン!』はなによりも優先させたい仕事のはず。しかし、夏目からすれば、そうした『籠の鳥』のような状態から抜け出す手段として、結婚や妊娠があったのかもしれません」(芸能関係者)
 
 一方、東京外国語大学時代の同級生は学生時代のエピソードから、夏目の素顔を次のように語る。

「先生にたてついているところを見たことがあります。年上の先生相手にも怯まない姿は、今でもよく覚えています。当時、社長令嬢と聞いて、なるほどと思いました。私たちとは違うんだな、と」

 しかし、「週刊新潮」(新潮社)2016年9月8日号で、両親が離婚していて、実の父親が“なにしろ捨てた子”“電話番号も知らない”とコメントしているのを読んで、この同級生は夏目への印象を変えたという。

「父親が“捨てた子”というのはかなり衝撃的でした。彼女は彼女なりに切ない思いをしてきて、ゆえに家庭を持つことへのあこがれがあって、今回のような騒動になったのかなと感じました」

 TBSは夏目の『あさチャン!』降板について全面的に否定。その後は真相が明らかになる気配もなく、報道合戦も落ち着いているが、結局このまま“なかったこと”になってしまうのだろうか。

『半沢直樹』にポスターで出演してたのが女優業?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー