[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

平日は毎日コーデを考え、休日は3種類提案! DCブランド育ちゆえ、娘のスタイリストに……

kosodateillust227.jpg
(C)倉田真由美

 8月25日から、娘ココの通う小学校は新学期がスタートしました。最近は2学期のスタートが9月1日からじゃないんですね。新学期の登校初日から2日間は、有志による「オヤジの会」のパパたちが小学校の正門前に立ち、子どもたちに「おはよう」とあいさつを呼びかける運動があるので、オレも参加してみました。

 朝7時50分に学校に行くと、すでに会のみなさんが10人ほど集まっています。会の腕章をもらい、正門に立って子どもたちに「おはよう!」とあいさつしまくる! パパたちは出勤前なので、スーツにネクタイの人が多かったんですが、オレはTシャツにジーパンで、蛍光緑のサングラスをしてました。子どもたちはオレを見る度に「あ、緑のサングラスだ!」「付けさせて!」と逆に話しかけてくる! 目立ちすぎて子どもがうるさかったなあ。特に3、4年の男子!

 オレはココと同年代の女の子には興味あるけど(ロリコンという意味じゃないですよ)、男子にはまったく興味がない! たまにイケメンとか女の子のような顔した男子がオレになついてきたら「まあ、かわいいかな……」と思う程度で、スポーツ刈りのような小学生男子には興味ないんですよ!

 あいさつ運動中、登校してくる女の子の髪型とか服装、靴を観察。今の女子小学生の流行はどんなもんか気になるじゃないですか。ところが、みんなかなり地味で、ノーブランドのTシャツでジーパンor短パンorスカート。小学生女子に人気のあるブランド服は、どこかにブランドロゴが入っているんですが、そういったものを着てる女の子は、オレが見た限りではいなかったなあ。

 5~6年生になればおしゃれにも目覚めて、服装にも気を遣うようになると思うのですが、どうなんだ? 休日の渋谷やショッピングモールに行くと、派手めな女子小学生をちらほら見かけるんですが、これは休日だからオシャレしているってことなのかね? 平日の学校のある日は地味な服で過ごす……ということなのかも。

 オレは小学校5年くらいから服に興味を持ち始めて、渋谷の丸井や西武で服を買ってもらっていたし、中高生の時にはDCブランドを買いまくってましたね。親の金で、ですが……。高校時代、毎日のように渋谷か六本木のディスコに通っていて、店内にかっこいい服を着てるヤツがいると、オレも友達も「一旦解散! 家で着替えて店の前で待ち合わせ!」と、急いで自宅に帰って着替えてまたディスコということを何度もやってました。自分よりかっこいい服を着てるヤツを見ると悔しかったんだろうね。ちなみにこの狂った高校時代の友人たちとは、いまだに付き合いがあります。現在も変わらず、オレは高級ブランドにしか興味がない。ここまで来るともうコレクターですよね。休日も平日も全身ブランド服じゃないと落ち着かないんですよ!

叶井さん、先日も蛍光のお高いスニーカーを履いていました……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー