[女性誌速攻レビュー]「CLASSY.」10月号

「CLASSY.」が何度目かの“モテワンピ”企画をぶち上げ、男性陣を総姑化させる事態が発生

classy1610.jpg
「CLASSY.」2016年10月号(光文社)

 ようやく女性誌も本格的に秋物へ始動。今号の特集は「Gジャンにする? ライダースにする?」です。今日日妻から「ごはんにする? それともお風呂にする?」と聞かれる夫も少ないでしょうが、「CLASSY.」(光文社)はやっぱり聞いてしまうのです。それが「男子が好きなGジャン&ライダースってこういうこと」。これは「よくあるNGコーデをモテる着こなしにチェンジ」とのことで、男性陣からイチイチダメ出しが入ります。フレアのワンピースにGジャンは「ガーリー過ぎて小ダサく見える」、だからといってパーカーでボーイッシュにしたら「女らしさがまったく感じられない」、ライダースにガウチョパンツでは「トレンド感が強すぎてつけいる隙がない」「せっかくのデートなんだから女のコらしく」。もしかしたら「Gジャンもライダースどっちも着ない」が最良の選択なのでは……。

<トピックス>
◎特集 Gジャンにする? ライダースにする?
◎真実のモテワンピ総選挙、結果発表!
◎着なきゃ損する! 「誰でも可愛く見える服」

■先輩宅でのホームパーティというこの世の地獄

 「こなれ・トレンド」と「モテ」の間で小舟のように揺れている昨今の「CLASSY.」ですが、今月号は直球のモテ企画が目白押し。その中の1つが「真実のモテワンピ総選挙、結果発表!」です。いつの間にそんな総選挙が行われていたのか……。「ワンピースがモテるという神話は今も健在。でも、今好かれるワンピースはどんなタイプ? 今回100人の男性に、シーン別に来てほしいワンピースの総選挙を実施」とあります。

 「男子たちに聞いた『実はこんなワンピが好き!』本音トーク」では、「ワンピを着ていると誰でも2割増しに見える」「例えばデートで着てきてくれると、今日のために特別感を出してくれているのかな、なんて思ってしまうかも」と、プロパガンダをかましています。しかし「肩や脚の露出感とか、着てくる場所とか、普通の服よりも注意深く見ちゃうかも」「過剰に女のコらしいブリブリのワンピもちょっと…。だからといって落ち着きすぎてると年上に見えちゃう」「派手な色や柄も、なんだか品に欠けるし、お金がかかりそうに見える(笑)」なんだそうです。露出に気を付けろとか、TPOをわきまえろとか、ワンピースというのは男の人をもれなく姑に変えてしまうアイテムなんでしょうね。

 そんなこんなで「土曜の夜にセッティングされた合コン」「仕事帰りに待ち合わせてレストランで初デート」「付き合ってしばらくしてからの、ご近所休日デート」など、シチュエーション別に真実のモテワンピが発表されていますが、最も男性陣の姑コメントが炸裂していたのが「会社の先輩宅でのホームパーティに彼女も同伴」のモテワンピ。「他のゲストもいるので悪目立ちしない上品な感じがいい」「派手な格好をすると先輩に失礼だから絶対シックな色で!」「女を出しすぎず手伝いもできそうな控えめな感じが◎」。そんな中で選ばれたのは紺や黒のどシンプルなワンピースでした。「先輩の彼女にも悪く思われなさそう」と、そこまで相手の気持ちを考えられるのに、ワンピースを着る(仮想)恋人への暴言が止まない男性陣の身勝手さがリアルです……。

DaiGOじゃなくてDAIGO(北山景子夫)に語らせた方がよかったんじゃね?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク