ギデオン俳優はドラマを嫌っていた!?

ホッチの暴言・暴力だけではない……私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと

ホッチの暴言・暴力だけではない……私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと

 アメリカで9月から放送されている『クリミナル・マインド FBI行動分析課』シーズン12の撮影中に、脚本家と言い争いになり、足を蹴ったとして停職処分を受けた後、番組をクビになってしまったアーロン・ホッチナー役のトーマス・ギブソン。その後、2010年にも番組のアシスタントディレクターと口論になり突き飛ばし、怒りをコントロールできるよう、アンガーマネージメントのセラピーを受けろと、局から命じられていたことが判明。14年に給料未払いでトーマスを訴えた元マネジャーの「彼は番組の制作スタッフや共演者たちを見下している」「しょっちゅう口論している」という主張も、「みんな和気あいあいと制作しているとばかり思ったのに」と世間を驚かせた。  長寿番組である『クリミナル・マインド』だが、実はあまり伝えられていない裏話は多い。今回はそんな「私たちが知らない、『クリミナル・マインド』の7つのこと」をご紹介しよう。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

ホッチの暴言・暴力だけではない……私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのことのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブのニュースならサイゾーウーマンへ!