サイゾーウーマン世論調査

「鈴木奈々は旦那が哀れ」「藤原紀香は全部自慢」私生活売りがウザい女性タレントランキング

 テレビや映画などで活躍する芸能人は、いつの時代も注目の的で、人気が出れば出るほど、芸能マスコミにプライベートを狙われる機会が多くなる。しかし近年では、SNSが流行したことにより、芸能人自ら、素の部分をさらけ出すようになった。そこで今回は、男女100名に「『プライベートがうるさすぎ!』とイラつく女性タレントは?」というアンケートを実施。プライベートを公にする女性タレントへの世間の反応を調査した。(Sagoooワークス調べ/調査地域:全国/調査対象:男女年齢不問/有効回答数:100)。

urusaionna0912.jpg
1609_urusai_2.jpg
鈴木奈々公式サイトより

 第1位に輝いたのは、27票を獲得した鈴木奈々。『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演するやいなや、ハイテンションなおバカキャラとして一気に大ブレーク。2014年、かねてから交際を公表していた一般人男性と結婚し、バラエティ番組などで赤裸々な夫婦生活エピソードを披露しているが、

「夫婦関係をベラベラと話していて見苦しい。家庭までネタにされて旦那さんがかわいそう」(20代/女性/会社員)
「基本的にどうでもいいことばかりをテレビなどで言っていることが、とてもうるさく感じてしまう」(30代/女性/契約・派遣社員)
「結婚したらしいが、そのようなプライベートなことまでも必死にネタにしているように見えてしまって嫌だ」(40代/男性/パート・アルバイト)
「バラエティ番組で見かけることが多く、明るく元気なイメージですが、プライベートでのご主人との関係についてオープンにしすぎでは? 大丈夫なの? と少々あきれてしまいます」(30代/女性/自営業・個人事業主)
「プライベートの話をしてる姿がとにかくうるさい! 内容もうるさい」(40代/女性/専業主婦)

など、回答者からは「うんざりする」という意見が噴出。最近では、セックスレスというかなりプライベートな内容を語ることもあるので、テレビを通して話を暴露される旦那への同情の声も多く寄せられた。

 また、プライベートうんぬんではなく、「別に知らなくてもいい情報を、何度もでかでかと話すからうるさいと思う」(30代/女性/専業主婦・主夫)、「同じ言葉を大声で騒がしく何度も言うのがしつこい。聞いているだけでイライラしてしまう」(40代/男性/無職)など、話し方に不快感を覚えるという人も多いようだ。

 23票で2位に選ばれたのは、藤原紀香。過去には、お笑い芸人・陣内智則との結婚、離婚を経験し、現在は歌舞伎役者・片岡愛之助と再婚を果たした。結婚発表と同時に、片岡の“元カノ”である熊切あさ美とのドロドロの恋愛関係が話題になったが、

「陣内との結婚も含めて、男関係が何かと話題になるけれど、そんなに興味がないから」(40代/男性/無職)
「プライベートを切り売りしていて必死さが伝わってくるのでイラつきます」(30代/男性/会社員)
「仕事の話題で取り上げられた記憶がない。プライベートと見せかけで作った自分をアピールしている感じが嫌い」(30代/男性/無職)

など、結婚や恋愛遍歴を話題作りに利用しているといった意見が上がった。そのほかにも「なんだか、いつも、いらないところでしゃしゃり出てきて本業の女優ではまったくと言っていいほど代表作もないので」(30代/女性/自由業・フリーランス)、「食事や買い物、旅行など全てが自慢にしか見えないので、正直ウザイなと思います」(20代/女性/専業主婦)といった声が。出たがりの性格や、プライベートでの行動が自慢に見えることが反発を招く原因になっているようだ。

 3位には、15票を獲得した紗栄子がランクイン。メジャーリーガー・ダルビッシュ有の元妻であり、現在は、大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」運営会社の前澤友作社長と交際している。男性遍歴が豊富なためか「本人は大した仕事をしていないうえ、小さい子どもがいるのに男の話題ばかりで不快」(30代/女性/パート・アルバイト)、「はっきり言って、うるさすぎというよりも、すでにちょっと気持ち悪いというレベルです」(50代/男性/会社員)、「テレビなどでは、あまり姿を見ないのに、何かと週刊誌にプライベートのことが取り上げられているから」(20代/女性/学生)など、自由奔放な恋愛をしているイメージが反感を買っている模様。

 また、「セレブな自分をアピールしたいのか、お金持ちの男性ばかり狙いすぎ。いさぎよすぎて逆に尊敬するレベル(笑)」(20代/女性/専業主婦)、「母親なのに、お金目当てで男の人と付き合って、子育てをしてなさそうに見えるので」(20代/女性/自由業・フリーランス)などと、金銭目当てで恋愛しているように見えるといった意見もあった。

 元フィギュアスケート選手の安藤美姫は、4位で13票を獲得。アスリートとして大きな注目を集めてきた彼女だが、13年に私生児を出産したと発表。父親の名前は明かさないと表明したことで、世間の注目を集めた。最近では、スペイン人のフィギュアスケート選手、ハビエル・フェルナンデスとの交際を公にしている。そんな安藤には、「未婚で子どもを産んで、新しい恋人ができたけれど、別れるかもとテレビで言うなど、プライベートでいろいろありすぎて、アスリート時代のイメージが悪くなる」(20代/女性/会社員)、「プライベートにまったく羨ましい要素がない。自分のことばっかりでうるさそうな印象しかない」(50代/女性/その他専門職)などと大不評のようだ。

 プライベートというより、「トークが面白いわけでもなく、他者への配慮が感じられない。自己主張ばかりで疲れてしまいます」(30代/女性/会社員)、「破天荒すぎるのかなと感じることがある。共演した子役の方が気を使っていて、子どもに気を使わせるなよって思ったことがあります」(30代/女性/自営業・個人事業主)など、安藤の性格に好感を持てないという声もあり、それが彼女のマイナスイメージを助長させているようだ。

 8票獲得で5位にランクインした元モーニング娘。の辻希美には、「ブログで叩かれるのをわかっていて載せている記事が多いと思う」(20代/女性/パート・アルバイト)、「もうモーニング娘。ではなく母親になったのだから、もう少し場所や状況を考えて行動するべきだと思う」(10代/女性/学生)といった声が上がった。

 また、4票獲得と少数ではあるが、木下優樹菜のプライベートがうるさいという意見も。「自分の家族の写真などが、とても多いのでオープンな人なんだなと思います」(30代/女性/専業主婦)、「プライベートなことをテレビなどでネタにしすぎているような気がするからです」(30代/女性/無職)など、夫であるFUJIWARA・藤本敏史とのエピソードや家庭内の話に辟易するという人がいた。

 芸能人として、ある程度のプライベートが見え隠れするのは、話題になり注目を集めることができるが、やりすぎると自慢や話題作りに見えてしまい、人に不快感を与えてしまうようだ。プライベートをどのくらい見せるかも、タレントの腕の見せどころなのかもしれない。

逆にノリカから私生活売り取ったら何が残るのよ!!??

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと