中居正広が公開処刑直前に「冗談で通そう」と提案していた!? 却下したメリー氏に「引退しろ!」の大合唱

nakai0805.jpg

『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で1月18日に放送された“生謝罪会見”の直前、SMAPのリーダー・中居正広が「冗談で通そう」と提案。これを、ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長が却下していたと、8日発売の「週刊新潮」(新潮社)が伝えている。

 同誌は、民放幹部のコメントとして、謝罪会見の裏側を掲載。中居は『SMAP×SMAP』の放送作家と打ち合わせした際、「深刻なのは良くないから、全部冗談で通そうよ。辞めるなんてない。勘弁してよ~ってノリはどう?」と提案していたという。

 しかし、実際にお茶の間に流れたのは、葬式のような雰囲気の中、メンバーが順に“見えない何か”に向かって謝罪を述べるという、不気味で不快な映像。中居はここで、「今回の件で、SMAPがどれだけ皆さんに支えていただいているのかということを、改めて強く感じました。本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

 今回の「新潮」の記事に対し、ファンから「中居くんの言う通りにしていれば、こんな最悪に事態にはならなかった」「また、メリーが余計なことを……」「中居くんは、やっぱり視聴者のことを一番に考えてくれる」といった声が相次いでいる。また、謝罪会見中、中居が自身の手を反対の手でギューッとつねっていたことから、「中居くん、メリーに提案が退けられて、悔しかっただろうな」という臆測も。

「これまで、『新潮』や『週刊文春』(文藝春秋)の独占インタビューに応じるなど、積極的にコメントしてきたメリー氏ですが、SMAP解散の元凶としてバッシングに遭い、すっかり傷心。『もうメディアには出ない』と、引っ込んでしまった。ジャニーズの御用スポーツ紙は、中居や香取が悪者になるような記事を書き、メンバーの不和を強調することで、必死でメリー氏の擁護に回りましたが、あからさまな情報操作に、ファンは事務所側を敵視するようになってしまった。さらに、今回の『新潮』の報道により、ネット上では、メリー氏の引退を促す声が相次いでいます」(芸能ライター)

 あの時、中居の提案どおり、5人が「辞めるなんてないない、勘弁してよ~」とおちゃらけていたら、その後のSMAPは、一体どうなっていたのだろうか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  3. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  4. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  5. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  6. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  7. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  8. 有名犯罪者は、塀の中では“芸能人”!
  9. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  10. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  11. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  12. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  13. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  14. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  15. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  16. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  17. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  20. 城島の「柿」ダジャレに苦笑、国分の自虐にツッコミ! 『鉄腕!DASH!!』の山口達也は大変だ

ジャニーズの人気記事

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  3. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  4. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  5. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖

海外ゴシップの人気記事

  1. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  4. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ