吉高、ついにテレビ復活

吉高由里子『東京タラレバ娘』主演も、原作ファンから「若すぎる」「グラマーじゃない」の声

yoshitaka0908.jpg
吉高は『タラレバ娘』を読んで爆笑する側

 NHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014年前期)に出演して以来、ほぼ充電期間状態だった吉高由里子が、来年1月期に日本テレビ系連続ドラマ『東京タラレバ娘』(水曜午後10時~)で主役を務めることがわかった。朝ドラ終了以来、2年3カ月ぶりとなるドラマ出演に、ファンは歓喜の声を上げている。

 『花子とアン』は平均視聴率22.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、朝ドラでは02年前期『さくら』(高野志穂主演/23.3%)以来の高視聴率をマーク。また同年の『NHK紅白歌合戦』で紅組司会に抜擢されるなど、吉高は確実に女優としてのランクを上げた。


 しかし、朝ドラの過酷な撮影スケジュールで疲れ果てたのか、CM出演は続けていたものの、女優として仕事をしたのは昨年10月、今年7月の2度の舞台だけで、ドラマや映画への出演はしていなかった。

 2年3カ月ぶりのドラマ復帰作となる『東京タラレバ娘』の原作は、女性向け漫画雑誌「Kiss」(講談社)で14年5月号から連載されている東村アキコ氏の同名漫画で、コミックは累計発行部数180万部を超える人気作だ。脚本は、『ごくせん』シリーズ、『花咲舞が黙ってない』『黒崎くんの言いなりになんてならない』(いずれも日本テレビ系)、『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)などを手掛けた松田裕子氏が担当する。

 吉高が演じるのは、30歳独身、彼氏なし、職業は売れない脚本家の鎌田倫子(りんこ)役。「キレイになっ“たら”、もっといい男が現れる!」「好きになれ“れば”、ケッコンできる!!」といった“タラレバ”を言いながら過ごしてきたが、ある時「タラレバ女!」と罵倒されたことをきっかけに目を覚まし、幸せを求めて奮闘する様子がコミカルに描かれるという。日テレも「女子のリアルが突き刺さりまくり! “共感度100%の水ドラ”」と自信たっぷりだ。

 民放連ドラで吉高が主演を務めるのは、10年7月期『美丘‐君がいた日々‐』(日本テレビ系)以来。同ドラマでは平均視聴率9.7%と、数字を2ケタに乗せることができなかっただけに、『東京タラレバ娘』では、10%超えが至上命題といえるだろう。

 日テレの「水10」は、いわば同局の看板ドラマ枠で、視聴率も好調が続いており、今期の『家売るオンナ』(北川景子主演)も第9話までの平均視聴率は11.4%と上々。ここ最近で1ケタに終わったのは、今年1月期『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(堀北真希主演)の平均9.6%のみ。同枠では、柴咲コウ、杏、天海祐希、綾瀬はるか等が結果を残しているだけに、吉高自身も高視聴率を上げて、女優としてさらにランクアップしたいだろう。懸念点としては、原作の倫子が、吉高に合わないという声がネット上に散見されるところ。「倫子はグラマラスなのに、吉高は細すぎる」「原作だと、倫子は33歳。ドラマだと30歳になってるけど、吉高って28歳でしょ? ちょっと若い気がする」などといわれているようだ。

 ただ、まだ7月期のドラマが終わっていないのに、次々期作を発表するあたり、日テレの力の入れ方も半端ではないのだろう。吉高ファンも待ちに待っていただけに、ここはなんとしても期待に応えてほしいものだ。
(森田英雄)

吉高、東村アキコ、なにも感じない

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  17. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  18. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  19. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  20. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー