[ジャニーズ・メディアの裏側]

明石家さんま、SMAP解散騒動で「木村派」宣言の裏事情――知られざる「家族ぐるみ」の仲

kimuratakuya08.jpg
頼むからグループ内で派閥を作らないで~

 SMAP解散に対するフォローコメントが、逆にファンから批判を浴びている明石家さんま。バラエティ出演時には、自ら「俺は木村派」と断言していたが、これは「さんまの揺るぎない本心」なのだと、週刊誌記者は語る。これまでも、共演時などには親交がある素振りを見せていたさんまと木村だが、事実、私生活では家族ぐるみでの付き合いをしてきたという。

 SMAP解散発表以前にも、さんまと木村が共演した際、木村が服を脱ぐ展開になったことに対し、後日、妻・工藤静香から「こっちの都合もあるから勝手に脱がさないで」と注意されたと暴露するなど、工藤とも親交があることを明かしていた。


「実際にさんまと木村は、長年家族ぐるみの付き合いを続けています。都内・世田谷のファミリーレストランでは、さんまと木村、工藤の3人で食事をしている姿が、何度も目撃されている。さらに、そこにIMALUや大竹しのぶが参加することもあったようです」(前出・週刊誌記者)

 木村はSMAPの分裂、そして解散発表後、他メンバーの気持ちを踏みにじった“裏切り者”と報じられるようになった。

「この事態に木村、工藤とも頭を抱えていますが、さんまは友人として『俺がなんとかしなければ』と一肌脱ぐことを宣言。そして各所で、木村にバッシングの矛先が向かないよう、擁護の発言を繰り返すようになったそうなんです。『100万人敵に回しても俺が味方や!』と宣言して、木村は涙を流した、といった話も聞こえてきます」(同)

 とはいえ、さんまの言動は結果的に、SMAPファンの神経を逆なでしているフシがある。

「『FNS27時間テレビ フェスティバル!』(フジテレビ系)内の『さんま・中居の今夜も眠れない』では、分裂騒動について、中居正広に『うすうす聞いてたのよ』『俺がどんだけ迷惑被ったか!』と詰め寄り、また『さんまのお笑い向上委員会』(同)でも、解散の真相を『いつになったら言えるかわからないけど、GOサインが出たら言う』などと、思わせぶりにネタにしていた。これではファンが激怒するのも当然でしょう」(テレビ局関係者)

 木村は、さんまの支援に恩義を感じているかもしれないが、今後も続くであろう“援護射撃”は、果たして実を結ぶ結果となるのだろうか?

世田谷のファミレス、店内がオールスター

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク