この英断は大正解?

1%台低迷のフジ『みんなのニュース』縮小へ! 結局「名作ドラマ再放送」の大迷走

minnnanonews_1.jpg
『みんなのニュース』(フジテレビ系)公式サイトより

 視聴率不振のフジテレビが、またまた迷走ぶりを見せている。9月5日に10月改編発表会を開催したフジは、4月改編の目玉だった“15時間生放送”を取りやめ、低迷する『みんなのニュース』(月~金曜午後3時50分~7時)の枠を1時間縮小し、午後4時50分開始とすることを決めた。その代わりに、新たに『メディアミックスα』(月~金曜午後3時50分~4時50分)を放送する。

 フジによると、『メディアミックスα』の番組内容は固定化せず、地上波、BS、CS、配信の4つのメディアと連動した新しいコンテンツにトライし、名作ドラマの再放送や、視聴者に迅速に伝えなければならない案件が発生した場合は、ライブの報道番組に切り替えるという。


 4月改編でフジは長寿番組の『ライオンのごきげんよう』と昼ドラを打ち切り、『バイキング』と『直撃LIVE グッディ!』の枠を拡大。午前4時放送開始の『めざましテレビ アクア』から『みんなのニュース』が終了する午後7時までの15時間生放送を売りにしてきたが、わずか半年で挫折してしまった。

 15時間生放送をやってみたのはいいものの、『グッディ!』同様、フジを苦しめたのが『みんなのニュース』の不振だ。フジは2015年4月改編で、長年にわたり続いてきた安藤優子の『FNNスーパーニュース』を打ち切って、『みんなのニュース』に大リニューアル。MCには14年9月末から『スーパーニュース』のサブキャスターを務めていた“ショーパン”こと生野陽子アナのほか、椿原慶子アナ、伊藤利尋アナが起用された。

 当時の生野アナは、“カトパン”こと加藤綾子アナに次ぐ同局の人気ナンバー2女子アナ。また、伊藤アナも情報番組やバラエティ番組などに多数出演し、好感度が高く、事実上のエースだった。つまり、生野アナと伊藤アナの人気を当て込んだ人選だったわけだが、あいにく2人ともバラエティ色が強く、同局のもくろみ通りに事は運ばなかったようだ。
 
 『みんなのニュース』は午後4時台に、視聴率1%台を記録する日があるほどの不振で生野アナ、伊藤アナともに、いつしか人気は下降。毎年12月に発表される「好きなアナウンサーランキング」(オリコン調べ)では2人とも常に上位にランクインしていたが、15年12月の調査ではベスト10圏外に消えたほどである。

「『みんなのニュース』は、高視聴率の『news every.』(日本テレビ系)にまったく歯が立たず、わずか1年半で枠縮小。15年3月まで、フジは午後2時から4時50分まで、『ドラマチックα』と題して、ドラマの再放送をしていましたが、視聴率は3%程度取っていました。つまり『みんなのニュース』第1部より、数字はまだマシだったのです。フジでは、新番組『メディアミックスα』の具体的な内容について言及していませんが、いろいろ試したところで、最終的にはドラマの再放送だけに落ち着くような気がします。それなら、なんといっても制作費も手間もかかりませんし、そこそこの視聴率は取れますから」(テレビ関係者)

 何をやっても、空回りでうまくいかない今のフジ。今後も、その迷走ぶりは続いていくのだろうか……?
(森田英雄)

青島や古畑に会う機会が増えそうです

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー