痴漢対象なんて誰でもいい。その場に居合わせた奴ってだけキュウ。あたしの痴活日記~絶望

混雑する電車内で、初めて見知らぬ男の手を握った。
あたし気付いてしまったキュウ。
痴漢されても嫌がらない男は、いる。
痴漢されてよろこぶ男も、いる。

【前編】女に痴漢されて喜ぶ男、死ねキュウ。あたしの痴活日記~はじまり

気付いてしまったあの日から、あたしの痴漢活動(痴活)は始まったキュウ。
女の姿かたちをしているあたしに触られて、拒否の姿勢を見せる男、皆無。
あたしに触られてギンギンに勃起しながら触られるがまま、一緒に下車して、また会いたいからLINE交換してくださいって言ってくる男もいたキュウ。

「痴漢されたい女たち」的なAVは量産されてるキュウけど、痴漢されたがってる女なんて現実社会でそうそう出会わねえキュウ。ひょっとしたらあれって、「痴漢されたい男たち」が欲望を反転させてるってことキュウ? 男たち、こんなふうに見ず知らずの他人にデリケートゾーンをまさぐられたいってずっと思ってたんキュウ?

いいキュウ。
されたがりの男たちに、どうしたら「される」のか、教えてやるキュウ。

【1:弱れ】
朝の通勤ラッシュよりも帰宅ラッシュ。終電に近ければ近いほど泥酔男や疲れきったサラリーマンが多いキュウ。隙だらけキュウ。弱者を狙うのは狩りの基本キュウ。あたしは女で、男より腕力が弱いキュウ。だから疲れきって抵抗もできなさそうな、弱った男の手しか握らないキュウ。

【2:足をおっぴろげろ】
だいたい電車で大股開いてふんぞりかえって座っているオッサンは、熱をおびた金玉を冷やしたいんだろキュウ?
金玉冷やしたいなら立っていても大股開くべきだキュウ。いついかなる時も金玉冷やせキュウ。
あたしの痴漢なら金玉も冷やしてあげられるし一石二鳥キュウ。あたしの優しさに感謝しろキュウ。
足を絡めるもよし。そのまま触れなばおチンをするもよし。

【3:座席横の棒を握り立て】
はいここ重要!
座席横にある鉄棒はとても重要な痴漢ポイントなんだキュウ。

手に触れても嫌がらない男は、降車後に頬を紅潮させて話しかけてくるキュウ。
喜んでんじゃねえキュウ、ペッ!
まあつまり、座席横の棒を握れば、チンコも握れるってことだキュウ。

◎狙われやすい男とは

痴漢されたくて仕方ない男たちのために、あたしの痴漢ターゲットにしやすい男を紹介するキュウ。

<第3位>
地味なサラリーマン

<第2位>
痴漢えん罪を恐れている男

<第1位>
特になし。

イケメンだろうがブサイクだろうが相手は誰でもいいんだキュウ。通報しなさそうな大人しそうな男だったら何でもいいキュウ。男だったら誰でもいいキュウ。身体がエロければよりOKキュウ。

見ず知らずの人間に欲情して、尊厳を踏みにじる痴漢行為を実行してしまうのはあたしの問題であって、相手のスペックは関係ないキュウ。

察しの良い読者はお気づきだと思うけど、これは全部、男が女に痴漢をはたらくときに当てはまることキュウ。

あたしが痴漢被害に遭った時も、条件なんて<特になし>だったキュウ。

地味な服を着て徹夜明けスッピンで疲れていた朝の副都心線。ボロボロに弱ったあたしのケツを触ったあのクソジジイ……

ちょっと派手なドレスを着ていてメイクもばっちりだった銀座線。すれ違いざまにさりげなく触ってきたあのクソサラリーマン……

コンサバ気味のフツーの服を着ていた日。スカートの中身を盗撮してきたスーツクソオヤジ……

今なら痴漢の気持ちわかるキュウ。たまたまそこに痴漢できそうな女が居たからやっただけ。理由なんてない。キメキメ武装してようが地味スッピンだろうが若かろうが年増だろうが美人かブスかも関係ない、あたしが痴漢男にとって「たまたまそこにいた、痴漢できそうな女」だったというだけのことキュウ。

あたしを触った痴漢も、あたしに原因があるとデリカシーない発言でセカンドレイプしてきた奴らも全員ブッ殺してやりたいキュウ!!!

痴漢は無差別犯罪キュウ。
痴漢、ダメ絶対。

おい男共! 痴漢されて勃起してんじゃねーよ。
さっさと「この人、痴漢です!」って通報しろよキュウ。
そしたら、あたしは「ハァ? 誰がこんなブサイクなオッサン触るかよ」って舌打ちしてやるキュウ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク